このページの本文へ

日本ヒューレット・パッカード、3.5インチタッチパネルを搭載した厚さ13.6mmのPDAを発売

2008年01月21日 11時57分更新

通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 日本ヒューレット・パッカード(株)は18日、厚さが13.6mm、重量が約114.6g、タッチスクリーン方式の3.5インチ液晶パネルを搭載したPDA「HP iPAQ 112 Classic Handheld」(エイチピーアイパック112 クラシックハンドヘルド)を発表し、18日より販売開始した。価格は3万2550円。販売は同社のオンラインストア「HP Directplus」、販売代理店の「HP Directpartner」、またHP Directplus コールセンターで行なう。

 CPUは米Marvell社のPXA310(624MHz)を採用し、OSはタッチスクリーン操作に対応したWindows Mobile 6 Classicを搭載。パソコンで作成したMicrosoft Officeのデータファイルと同期させて閲覧・編集できるMicrosoft Office Mobile(Word Mobile/Excel Mobile/Powerpoint Mobile)をプレインストールしている。「ClearVue PDF」を搭載しており、PDFファイルの閲覧も可能。音楽や動画の再生には「Windows Media Player 10 Mobile」を、また独自の画像ビューアとして「HP Photosmart Mobile」を搭載している。

 通信機能は無線LAN(IEEE 802.11b/g)、Bluetooth2.0+EDRに対応しており、Bluetooth対応携帯電話機をモデムとして使用できる。ディスプレーにはLEDバックライトを採用したタッチスクリーン方式の3.5インチのQVGA(240×320ドット)液晶パネルを搭載し、周辺の明るさで自動的にLEDバックライトを調整する輝度センサーを内蔵するなど、屋外でも見やすいつくりになっているという。

 メモリーは64MB SDRAM+256MB Flash ROM、SDカード(SDHC/SDIO/MMC)に対応した拡張スロットを搭載。バッテリー駆動時間は最大約15時間(非通信状態)。本体サイズは幅68.9×奥行き13.6×高さ116.7mm、重量は約114.6g(バッテリー装着時)。

 なお、発売を記念して、同製品を500台に限り2万4990円で販売する「iPAQ 112 販売開始記念 第1弾キャンペーン」をHP Directplusオンラインストア個人向けサイトで実施する。今後は常設展示スペース「HP DirectplusStation」でも展示、販売される予定だ。

 

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く