このページの本文へ

ケータイで自宅が24時間「税務署」に!調布市が採用

2009年05月01日 13時12分更新

文●通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 NTTデータ(山下 徹社長)は、携帯電話バーコード決済サービス「モバイルレジ」を東京都調布市にサービス提供し、軽自動車税納付で利用を開始した。採用は、全国自治体で初めて。

モバイルレジ

モバイルレジ

 「モバイルレジ」は、請求書・納付書に印刷されたバーコードをカメラ付き携帯電話で読み取り、モバイルバンキングを利用して支払うサービス。コンビニエンスストアや銀行窓口へ出かける必要がなく、自宅や外出先から携帯電話の簡単な操作で支払うことができるメリットがある

 また、直接携帯電話を操作して支払いを行うことから、個人情報および請求情報を他人に見られる心配がないため、プライバシーの面から安心できる特徴をもつ

 今後は、調布市における軽自動車税以外の税目への拡大をはじめ、他の自治体や電気・ガス・水道などの公共料金の支払いにも「モバイルレジ」の導入拡大を目指す。

【関連サイト】

【記事提供】

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く