このページの本文へ

ロジテック、USBワンセグチューナーの新モデル『LDT-1S200U』を発売

2006年12月13日 14時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジテック(株)は13日、USBスティック型のワンセグチューナー『LDT-1S200U』を12月下旬に発売すると発表した。価格はオープン。

『LDT-1S200U』(本体)
『LDT-1S200U』
製品パッケージ
製品パッケージ

『LDT-1S200U』は、9月に発表した『LDT-1S100U』の後継機種。受信感度を高めるために周辺回路とアンテナに新設計のものを採用したほか、クリップ構造によりノートパソコンや液晶ディスプレーのフレームに固定できる“クリップ・スタンド付きUSB延長ケーブル”が付属するのが特徴。同梱される視聴/録画ソフトは、視聴映像のサイズを変更でき、フルスクリーン表示も可能。同社では今後のアップグレードにより、EPGにも対応する予定としている。

インターフェースはUSB 2.0/1.1(Full-Speed)に対応し、バスパワーで動作する。消費電流は142mA。本体サイズは幅97×奥行き24.5×高さ10mm、重量は24g。スタンドのサイズは幅38×奥行き41×高さ54mm(ケーブルを除く)、重量は56g(ケーブル込み)。ケーブル長は1.4mで、アンテナ長は150mm。

対応機種はPentium 4-1GHz以上、メモリー128MB以上を搭載したPC/AT互換機、PC98-NX。対応OSはWindows XP Home Edition SP2/XP Professional SP2/2000 Professional(SP4以上)。保証期間は1年間。RoHS指令にも対応しているという。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン