このページの本文へ

ECSから“Geforce6100”統合チップセット搭載のAM2マザーが発売に

2006年10月26日 22時58分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ECSから“Geforce6100+nForce405”統合チップセットを採用したMicro ATX仕様のSocket AM2マザー「GeForce6100SM-M」が発売となった。過去、同様の製品としてASRockから「AM2NF6G-VSTA」が発売されている。

GeForce6100SM-M
“Geforce6100+nForce405”統合チップセットを採用したMicro ATX仕様のSocket AM2マザー「GeForce6100SM-M」拡張スロットの構成はPCI Express x16×1(x8モードで動作)、PCI Express x1×1、PCI×2

 “GeForce 6100+nForce 405”の特徴はPCI Expressの外部インターフェイスの帯域をx8に抑えているところ。拡張スロットの構成はPCI Express x16×1(x8モードで動作)、PCI Express x1×1、PCI×2。メモリスロットはDDR2-800/667/533/400対応のメモリスロットが2本用意されており、最大16GBまで搭載可能だ。ビデオはチップセット内蔵の機能を利用し、最大128MBをメインメモリと共有。オンボード機能として、6chオーディオ(HDオーディオ対応)、100/10Base-T、USB 2.0×4、Serial ATA×2が用意されている。いわば廉価モデルとして位置づけられている製品で、価格はTSUKUMO eX.で8280円。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ