このページの本文へ

“GeForce 6100”と“nForce 430”を1チップ構成にした“MCP61P”を搭載するSocket AM2対応マザーボード「GA-M61PM-S2」がGigabyteから

2006年11月01日 21時46分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteからチップセット“GeForce 6100”と“nForce 430”を1チップ構成にした“MCP61P”を搭載するSocket AM2対応マザーボード「GA-M61PM-S2」が発売された。

GA-M61PM-S2 GA-M61PM-S2
チップセット“GeForce 6100”と“nForce 430”を1チップ構成にした“MCP61P”を搭載するSocket AM2対応マザーボード「GA-M61PM-S2」がGigabyteから

 Micro ATXフォームファクタのこの製品は拡張スロットがPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2で、DDR2-800/667/533対応のメモリスロットは4本(最大16GBまで)搭載。オンボードインターフェイスにはVGAや8chサウンド(Realtek/ALC883)、IEEE1394、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8211)、Serial ATA II×4などを搭載する一般的な構成の製品だ。価格はアークとツクモパソコン本店IIで1万1980円、クレバリー1号店で1万2048円、高速電脳で1万2800円(近日入荷)となっている。

GA-M61PM-S2 GA-M61PM-S2
オンボードインターフェイスにはVGAや8chサウンド(Realtek/ALC883)、IEEE1394、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8211)、Serial ATA II×4などを搭載する一般的な構成の製品だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ