このページの本文へ

Core 2シリーズ対応の最強SLIマザー!“nForce 590 SLI Intel Edition”を搭載する「P5N32-SLI Premium/WiFi-AP」がASUSTeKからデビュー!!

2006年10月14日 21時06分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKから“nForce 590 SLI Intel Edition”を搭載するLGA775対応マザーボード「P5N32-SLI Premium/WiFi-AP」が発売となった。Core 2シリーズ対応のSLIサポートマザーとしては最上位モデルといえそうな製品だ。

P5N32-SLI Premium/WiFi-AP P5N32-SLI Premium/WiFi-AP
“nForce 590 SLI Intel Edition”を搭載するLGA775対応マザーボード「P5N32-SLI Premium/WiFi-AP」。Core 2シリーズ対応のSLIサポートマザーとしては最上位モデルといえそうな製品だ

 Core 2シリーズ対応でかつSLIモードがフル帯域の16×2レーンで動作するマザーといえば同じくASUSTeKから発売されている「P5N32-SLI SE Deluxe」があるが、こちらの搭載するチップセットは“nForce4 SLI X16 Intel Edition”。今回「P5N32-SLI Premium/WiFi-AP」が採用するチップセットは現行最上位となる“nForce 590 SLI Intel Edition”で、SLIモードが16×2レーンで動作するのはもちろん、さらにもう1本のPCI Express x16(x8モード)も備えているのが特徴だ。
 よって拡張スロットの構成はPCI Express x16×3(SLIモードはブルーとブラックのスロットを使用。中央の黄色のスロットはx8動作の追加ビデオカード用)、PCI Express x1×1、PCI×2で、メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-800/667/533、最大8GB)。オンボード機能として8chサウンド(別途専用スロットに挿して使用するSupremeFX Audioカード/ADI 1988B)、IEEE1394(VIA/6308P)、デュアルギガビットイーサネット、Serial ATA II×8(内部×6/外部×2、RAID 0/1/0+/5/JBOD)、Ultra DMA 133×1、ワイヤレスLAN(IEEE 802.11g/b)などを搭載している。価格および販売ショップは以下の通りだ。

拡張スロット 拡張スロット
PCI Express x16スロットは計3本装備。SLIモードはブルーとブラックのスロットを使用。中央の黄色のスロットはx8動作の追加ビデオカード用とされている
Stack Cool 2 付属
裏面には冷却基板「Stack Cool 2」を採用しているワイヤレスLAN用のアンテナや専用スロットに挿して使用するSupremeFX Audioカード、チップセット冷却用のファンなどが付属する
価格 ショップ
ASUSTeK
「P5N32-SLI Premium/WiFi-AP」
\33,573 クレバリー1号店
\33,800 ドスパラ本店
ZOA秋葉原本店
\33,980BLESS秋葉原本店
\34,200 スリートップ2号店
\34,380 T-ZONE.PC DIY SHOP
\34,480 アーク(近日入荷)
\34,500OVERCLOCK WORKS
\34,780 ツクモパソコン本店II
\35,480 高速電脳
\36,540 USER'S SIDE本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ