このページの本文へ

“Socket 754+Socket 939”と2つのCPU Socketを搭載するマザーボード「GTDUAL-STD-G」がJetwayから発売に!

2006年09月26日 20時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JetwayからSocket 754とSocket 939の2つのCPU Socketを搭載するマザーボード「GTDUAL-STD-G」が発売された。この手の製品としてはASRockからLGA775とSocket 478を搭載する「P4 Combo」や今回の製品と同じSocket 754とSocket 939を搭載する「K8 Combo-Z」が2004年に発売されている。

GTDUAL-STD-G
Socket 754とSocket 939の2つのCPU Socketを搭載するマザーボード「GTDUAL-STD-G」

 製品コンセプトは「P4 Combo」「K8 Combo-Z」と同じ。基板上に用意された多数のジャンパを設定することで、Socket 754とSocket 939、2つのCPUが使用可能となるというもの。当然のことながらデュアルCPUでの動作はできない。ちなみに対応CPUはAthlon 64/FX/X2/Sempron。
 チップセットには1チップ構成となる“nForce 4”を採用。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2でメモリスロットはSocket 939時に使用するDDR DIMM×4(DDR400/4GB/デュアルチャンネル)とSocket 754時に使用するDDR DIMM×2(DDR400/2GB/シングルチャンネル)という構成だ。またオンボードインターフェイスには8chサウンドやギガビットイーサネット、Serial ATA II×4などを搭載している。価格はパソコンハウス東映で7760円、アークで7780円だ。

ポップ 裏面
なぜSocket 939+AM2ではないのか?という疑問はさておき、余ったCPUの有効活用という意味ではぴったりの製品かもしれない
拡張スロット I/O部
拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2オンボードインターフェイスには8chサウンドやギガビットイーサネット、Serial ATA II×4などを搭載している
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ