このページの本文へ

“iPod”用Dockコネクタと真空管アンプが合体した「iBlueTube」がサンコーレアモノショップで販売中!

2006年09月08日 22時31分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 充電やPCとの同期を行なえるipod専用ドッグと真空管アンプを合体させた「iBlueTube」が秋葉原のサンコーレアモノショップで販売中だ。

「iBlueTube」
ipod専用ドッグと真空管アンプを合体させた「iBlueTube」。三角柱とDockを合体させたデザインが特徴だ

 真空管アンプというと、取り扱いが難しそうだが、同製品は通常のアンプと同様に、リモコンのボタンを押すだけでiPodからの再生が可能。アンプは初段に真空管、出力段にICを用いたハイブリッド構成で、出力は12W×2、S/N比は80dBとなる。なお、真空管はカバーを外すことで、交換可能となっている。
 また、本製品はパソコンとUSB接続することによりDockコネクタとしても動作する。付属のDockコネクタ用アダプタを変更することで“iPod nano”、“iPod mini”および第3世代以降の“iPod”で利用可能だ。本体裏面のスイッチを切り替えることで“iPod”への充電が行なえるほか、第5世代“iPod”を接続した際は、動画をS端子出力から家庭のテレビに出力できる。本体のサイズは295(W)×130(D)×68(H)mmで、重量は650g。製品には再生/停止/音量調整などが行なえるリモコンが付属している。価格はサンコーレアモノショップで4万2800円、JBL製のスピーカ「CONTROL 1 Xtreme」とのセットモデルが6万4800円。

真空管 インターフェイス
青く光る真空管。カバーを外すことで、好みの真空管に交換可能だインタフェースは、RCA端子、Sビデオ端子、ACアダプタ入力、USB端子を装備
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ