このページの本文へ

バッファローから最大8台の機器が操作可能な学習リモコンキット「Remote Station1」が発売に

2006年09月08日 21時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッファローから同社のTV視聴/録画ソフト「PCastTV2」と組み合わせて使用することで、外部AV機器を連携させて予約録画などが行なえる学習リモコンキット「Remote Station(型番:PC-OP-RS1)」が発売となった。

Remote Station
TV視聴/録画ソフト「PCastTV2」と組み合わせて使用することで、外部AV機器を連携させて予約録画などが行なえる学習リモコンキット「Remote Station(型番:PC-OP-RS1)」

 この製品は、TV視聴/録画ソフト「PCastTV2」と組み合わせることで、CS/CATVなどの外部チューナーをPCから操作して録画できるほか、学習リモコンとしても利用できるキット。製品は、受光部と赤外線送信部で構成されており、4個の送信部は任意に指定可能。PCとの接続はUSB 2.0となる。
 学習リモコンとしては最大8台の機器を登録でき、電源/チャンネル/矢印など22個と、任意の操作ボタンを登録できる“ファンクションキー”を24個搭載。マクロ機能として、最大20ステップまでの操作をワンタッチボタンに登録することも可能だ。また、待ち時間を設定することもできるため起動に時間がかかる機器にも利用できる。例えば、オーディオコンポやエアコンなどに付属しているリモコンの信号を学習させればPCから操作することも可能で、タイマー機能を持たない機器でも設定した時間に起動させることが可能だ。今日から販売を開始したツクモパソコン本店IIとTSUKUMO eX.では価格4980円となっている。

機能 本体
「PCastTV2」と組み合わせることで、CS/CATVなどの外部チューナーをPCから操作して録画可能に。さらに豊富な学習リモコンとしても使用可能だ受光部と赤外線送信部で構成されており、4個の送信部は任意に指定可能。PCとの接続はUSB 2.0となる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ