このページの本文へ

iiyama、応答速度が5msの19インチWXGA+液晶ディスプレー『ProLite E1900WS』を2万9800円で発売

2006年07月28日 19時03分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)iiyamaは28日、応答速度が5msの19インチWXGA+液晶ディスプレー『ProLite E1900WS』を発売したと発表した。本体カラーが白の『ProLite E1900WS-2』と黒の『ProLite E1900WS-B2』をラインアップする。価格はオープン。直販サイト“iiyama e-shop”では2万9800円(送料別)で販売する。

『ProLite E1900WS-B2』 『ProLite C3201WTV-B1』
『ProLite E1900WS-B2』『ProLite C3201WTV-B1』

『ProLite E1900WS』は、解像度が1440×900画素(WXGA+)で約1620万色表示に対応し、応答速度が5ms、コントラスト比が700:1、輝度が300cd/m2、視野角は上75度/下65度/左右150度。入力端子は、デジタルRGB(DVI-D/24ピン)とアナログRGB(ミニD-Sub15ピン)を装備する。電源はAC100~240Vで、消費電力は最大39W(パワーマネージメントモード時1W)。スピーカーは1W×2(アンプ付き)を内蔵する。本体サイズは幅443×奥行き202.5×高さ379.5mm、重量は4.5kg。チルトは上20度。VESAマウント(100mm)にも対応し、盗難防止用金具取り付け孔も備えている。保証期間は3年間。

併せて、応答速度が8ms(グレー→グレー)/16msで、解像度が1366×768画素、コントラスト比が1000:1、輝度が550cd/m2、視野角が上下/左右170度の32インチワイド液晶テレビ『ProLite C3201WTV-B1』を発売したことも発表した。地上波アナログチューナーのみを搭載しているモデルとなっており、同社では、デジタルチューナー内蔵型液晶テレビは高価であり、別売の各種のデジタルチューナーを購入するほうがお買い得であるとしている。直販価格は9万9800円(送料込み)。

入力端子は、HDMI、Sビデオ、コンポジットビデオ(RCA)、D4、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)を装備する。電源はAC100Vで、消費電力は最大200W(省電力時5W以下)。本体サイズは幅807.7×奥行き246.5×高さ646.2mm、重量は21.2kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン