このページの本文へ

丸紅インフォテック、“inMotion”シリーズの薄型スピーカーを発表

2006年07月19日 18時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

丸紅インフォテック(株)は19日、米アルテック・ランシング・テクノロジー(ALTEC LANSING Technologies)社が開発するiPod nano用スピーカー『inMotion IM500』を8月上旬に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、編集部による予想販売価格は1万5800円。

inMotion iM500 側面
『inMotion iM500』

本体サイズが幅215×奥行き17×高さ128mmで、重量が約0.73kgと薄型な本体が特徴。Dockを搭載し、iPod nanoの充電に対応。USB 2.0ケーブルでパソコンとつなげば、データを同期することも可能だ。

65×42mmのフルレンジドライバーを左右に搭載。出力定格は4W×2で、周波数特性は120~20000Hzだ。音声補正技術としては、低域の再生音を高める“MaxxBass”を採用する。

ステレオミニ入力端子も備えており、CDプレーヤーやパソコンの音声を出力できる。電源にはACアダプターか、単4型乾電池6本を使用する。



カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中