このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソニー、デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDD/DVD/VHSレコーダー『RDZ-D60V』を発売

2006年07月13日 15時33分更新

文● 編集部

ソニー(株)は13日、デジタルハイビジョンチューナーを内蔵し、HDD/DVD/VHSに対応した一体型レコーダー“スゴ録”『RDZ-D60V』を8月18日に発売すると発表した。価格はオープン。市場想定価格は13万円前後。

『RDZ-D60V』本体とリモコン
“スゴ録”『RDZ-D60V』

『RDZ-D60V』は、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを内蔵し、ハイビジョン番組を画質を落とさずにHDD(250GB)に録画できるほか、CPRM対応のDVD-R/-RWディスクやVHSテープにダウンコンバートして録画することもできるのが特徴。地上アナログチューナーも搭載しており、デジタル/アナログ放送の電子番組表(EPG)を利用してHDD/DVD録画が行なえる。EPG録画は番組延長などにも対応しており、電源を切っている状態から約1秒でEPGや予約リストを表示し、すぐに録画/再生が可能な“高速起動”も用意されている。DVDメディアはDVD±R/±RW/-RAMに対応。VHSビデオ機能には“500倍速高速早送り/巻き戻し”やVHSのヘッドを自動でクリーニングする“オートヘッドクリーナー”などが備わっている。

入力端子には、デジタルハイビジョン“ハンディカム”(HDR-FX1/HC1/HC3)などに対応したDV入力端子“HDV1080i”を搭載しており、別売のi.LINKケーブルで接続すれば、ハイビジョンで撮影した映像を高画質のままHDDに取り込むことも可能。出力端子には、HDMI 1.1対応のデジタル出力が用意され、DVDやVHSの映像をハイビジョン信号にアップスケーリングして出力できる。本体サイズは幅430×奥行き355×高さ95mm、重量は約7.0kg。電源はAC100Vで、消費電力は44W。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン