このページの本文へ

PCIに接続の“RADEON X1300”搭載ビデオカードが玄人志向から発売に! 

2006年06月29日 21時06分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近ではPCI接続可能なビデオカードはほとんど市場に出回っていない状況だが、そんな中、玄人志向から接続インターフェイスにPCIを採用し、GPUに“RADEON X1300”を搭載したビデオカード「RX1300-LP128H」が発売となった。

本体
接続インターフェイスにPCIを採用し、GPUに“RADEON X1300”を搭載した玄人志向製のビデオカード「RX1300-LP128H」。LowProfileにも対応する製品

 メモリにはGDDR2(32bit)を128MB搭載しており、コア/メモリクロックは450/533MHz。付属のブラケットを利用することによりスロットを2段消費するが、LowProfile対応製品として利用できる。インターフェイスはDVI、D-Sub、TV-OUT(HDTV対応)という構成で、付属品としてDVI/D-Sub変換コネクタやHDTV出力用のコンポーネントケーブルが同梱される。価格はフェイス9970円、TWOTOP秋葉原本店で9980円、テクノハウス東映で9990円、アークで1万480円、TSUKUMO eX.とツクモパソコン本店IIで1万500円。AGPバスしか搭載していないちょっと古めのマザーを使用しており、Quadモニタ出力をしたいというユーザーには魅力的な製品と言えるだろう。

インターフェイス 付属品
インターフェイスはDVI、D-Sub、TV-OUT(HDTV対応)という標準的な構成付属品としてDVI/D-Sub変換端子やHDTV出力用のコンポーネントケーブルが同梱される
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ