このページの本文へ

Matrox製ビデオカード“Parhelia”のPCI対応モデル「Parhelia 256MB DDR PCI」が登場!

2004年01月30日 21時09分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パッケージ
“Parhelia”シリーズのPCI対応モデル「Parhelia 256MB DDR PCI」が登場

 Matrox製ビデオカード“Parhelia”シリーズから、PCI対応モデル「Parhelia 256MB DDR PCI」が登場した。本日入荷を確認したUSER'S SIDE本店では価格がなんと11万4800円。製品は、同社の国内正規代理店であるインフォマジックの日本語版リテールパッケージだ。



日本語版 Parhelia 256MB DDR PCI
国内正規代理店であるインフォマジックの日本語版リテールパッケージだどうやらパッケージはAGP版の使いまわしのようだ。インターフェイスはDVI×2を装備
TripleHead ポップ
もちろん付属の分岐ケーブルにより最大3台までのディスプレイが出力可能な“TripleHead”機能も搭載している本日入荷を確認したUSER'S SIDE本店では価格がなんと11万4800円

 “Parhelia”シリーズのPCI対応モデルとしては、すでにCADなどの用途向け製品として9メガピクセルを超える超高精細ディスプレイに対応するという「Parhelia HR256」が発表されているが、秋葉原での販売は確認されておらず、価格も同社サイトによれば2495ドルとかなり高額だ。今回発売となった「Parhelia 256MB DDR PCI」は、すでに発売されているAGP版の「Parhelia 256MB DDR AGP」と仕様は同じで32bit/64bitPCIに変更された製品となる。
 パッケージの写真を見る限り、外観にも特に目立った変更点は見当たらず、インターフェイスはDVI×2を装備。もちろん付属の分岐ケーブルにより最大3台までのディスプレイが出力可能な“TripleHead”機能も搭載している。なお、ディスプレイ出力は最大でDualHead時が2048×1536(アナログ)、1600×1200(デジタル)となりTripleHead時が最大1280×1024などとなっている。
 AGP版の「Parhelia 256MB DDR AGP」が発売当時(2002年11月)約8万円だったことを考えると、今回の11万という価格は決して高いものとは言えないが、それでも一般ユーザーにとっては現実的な値段とはいえないだろう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ