このページの本文へ

何に使う? Pico BTXフォームファクタ初のマザーボード単体販売がスタート!第1弾はインテル製LGA775対応マザー「D945GRWLK」

2006年04月25日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Pico BTXフォームファクタ初のマザーボード単体販売がスタートした。登場したのはインテル製LGA775対応マザー「D945GRWLK」。キューブ型ベアボーンなどでは採用例のあるPico BTXだが、ようやく単体での販売開始となる。

D945GRWLK
Pico BTXフォームファクタ初のマザーボード単体販売がスタート。登場したのはインテル製LGA775対応マザー「D945GRWLK」だ

 ATXに続く次期デスクトップ・インターフェイスの規格としてデビューしたBTXには、BTX/Micro BTX/Pico BTXの3つが用意されているのはご存知の通り。今までにもAOpen「B2945」Gigabyte「CB91VB1」FIC「Piston」などキューブ型ベアボーンでの採用実績はあったものの、マザーボード単体での販売は今回が初めてとなる。
 Pico BTXということでサイズが203.20×266.70mmとなる「D945GRWLK」は、Mini-ITXほどではないにしろ非常にコンパクトなイメージ。搭載チップセットは“i945G”+“ICH7”で拡張スロットはPCI Express x16が1本のみ。メモリはDDR2 DIMM×4(DDR2-677/4GB)でVGAや8chサウンド、ギガビットイーサネット、Serial ATA×2などをオンボードで搭載する。
 BTX対応のPCケースはいくつか販売が始まっているが、Pico BTXとなると未だに未発売。もちろんBTX対応PCケースに搭載できないこともないが現実的ではなく、早めの対応ケースの発売が待たれるところだ。価格はツクモパソコン本店IIで1万6779円となっている。

ブラケット 比較
VGAや8chサウンド、ギガビットイーサネット、Serial ATA×2などをオンボードで搭載するGigabyte製Micro BTXマザー(左)と比較。サイズが203.20×266.70mmとなるPico BTXは、Mini-ITXほどではないにしろ非常にコンパクトなイメージだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ