このページの本文へ

「デコレーション+箱」で“デコバコ”!? IDE HDDが4大搭載可能でさらに好みの電源やファンが装備できるHDDケースが発売予定!!

2006年04月22日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DIGITAL COWBOYからIDE HDDが4大搭載可能な外付けHDDケース「DC-ACSP1」が登場予定だ。製品はアクリル組立てケースとメイン基盤のみで構成されており、電源やファンには好みのものを搭載可能というユニークな製品だ。

DC-ACSP1 DC-ACSP1
IDE HDDが4大搭載可能な外付けHDDケース「DC-ACSP1」。はアクリル組立てケースとメイン基盤のみで構成されており、電源やファンには好みのものを搭載可能だ

 5mm厚のアクリル板とアルミフレームで構成される本体は3.5インチIDE HDDが4大搭載可能。インターフェイスはUSB2.0とIEEE1394の2つが用意されており、動作モードとして、HDDを全て個別のドライブとして認識する“AIモード”や接続されたHDDを1台のHDDとして認識する“ASモード”など5種類の動作モードを備える。
 電源は各自が好きなものを搭載可能なので、その辺に転がって使わなくなった電源やファンレス電源など好みに合わせて選拓が可能。さらにファンも80mmもしくは120mm角のものが搭載可能なので、派手に光らせたり、静音タイプ/高速対応など様々な組み合わせが可能となる。なおDIGITAL COWBOYでは、同製品を使った自作コンテスト“初代デコバコ王決定戦”を予定している。賞品も用意されているようなので、この機会に挑戦してみるのもいいだろう。現在サンプル版を展示しているTWOTOP秋葉原本店によると価格は1万3780円。近日発売としている。

DC-ACSP1 派手に光らせた
電源は各自が好きなものを搭載可能。さらにファンも80mmもしくは120mm角のものが搭載可能だ派手に光らせたり、静音タイプ/高速対応など様々な組み合わせが可能となる
動作モード コンテスト
動作モードとして、HDDを全て個別のドライブとして認識する“AIモード”や接続されたHDDを1台のHDDとして認識する“ASモード”など5種類の動作モードを備える同製品を使った自作コンテスト“初代デコバコ王決定戦”を予定している。賞品も用意されているようなので、この機会に挑戦してみるのもいいだろう
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ