このページの本文へ

NTT東日本、“Bフレッツ マンションタイプ”に最大1Gbpsの“プラン2ハイパー”などの新プランを追加

2006年04月10日 16時25分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東日本電信電話(株)(NTT東日本)は10日、集合住宅向け光ファイバー接続(FTTH)サービス“Bフレッツ マンションタイプ”および“Bフレッツ ビルタイプ(※1)”に2つの新プランを追加すると発表した。いずれも11日に申し込み受付を開始し、今月25日に提供開始する。

※1 Bフレッツ ビルタイプ 終端装置から加入者光ファイバー、およびNTT東日本の収容ビルまでの区間において、365日24時間の故障修理対応を行なうメンテナンスサービスを含むFTTH共用サービス

今回追加されるのは以下の2つのプラン。

Bフレッツ マンションタイプ/ビルタイプ プラン2ハイパー
最大1Gbpsの加入者光ファイバーを同一集合住宅内の複数顧客で共用する(ただし宅内の最大通信速度は100Mbpsとなる)
16ユーザー以上の契約が代表者から一括申し込み可能な場合に利用できる
Bフレッツ マンションタイプ/ビルタイプ ミニ
最大100Mbpsの加入者光ファイバーを同一集合住宅内の複数顧客で共用する
6ユーザー以上の契約が見込まれる場合に利用できる

料金は、初期費用が契約料840円、工事費は無料(4月30日までに新規申し込みし、9月30日までに利用開始された場合)。月額利用料はプラン2ハイパーが2625円(マンションタイプ)もしくは4042.5円(ビルタイプ)、ミニが3675円(マンションタイプ)もしくは5250円(ビルタイプ)。

これらは、集合住宅の規模が大きくて利用希望者が多く、従来の最大100Mbpsを共用するプラン1/プラン2では回線速度が十分に得られない場合(プラン2ハイパー)、もしくは利用希望者が8人に満たないためプラン1を申し込めない場合(ミニ)、などの不満を解消するべく用意された新プラン。

サービス提供地域はプラン2ハイパーが首都圏の一部地域を皮切りに順次提供予定、ミニはNTT東日本でプラン1/プラン2を提供しているエリア全域において提供を開始するという。詳細は同社ウェブサイトを参照いただきたい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン