このページの本文へ

NTT東日本/西日本、ブロードバンド映像受信端末『Picture Mate 300』の提供を開始

2006年03月29日 17時39分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東日本電信電話(株)と西日本電信電話(株)は29日、映像配信サービス“4th MEDIA”を家庭のテレビで視聴するためのブロードバンド映像受信端末『Picture Mate 300』の提供を4月3日に開始すると発表した。価格は2万4150円。レンタルでも提供し、月額レンタル料は、映像受信端末が525円、無線LANアダプターを同梱した“映像受信端末無線LANセット”が840円。利用するには、NTT東日本ではBフレッツとフレッツ・ドットネットの契約が、NTT西日本ではフレッツ・光プレミアムまたはBフレッツで、フレッツ・v6アプリの契約が必要。

接続イメージ
接続イメージ

『Picture Mate 300』は、フレッツシリーズの光回線とテレビを接続し、ISPが提供しているブロードバンド映像配信サービス“4th MEDIA”のコンテンツを視聴したり、カラオケなどを楽しむための受信端末。画像の乱れを抑えるパケットロス回復技術(FEC:Forward Error Correction)を採用しているほか、ソフトウェアの自動更新機能も搭載している。ペアレンタルロック(視聴年齢制限の設定)機能も用意されている。オプションのUSB無線アダプター『Web Caster FT-STU-Sa/g』(7140円)を装着すれば“IEEE 802.11a”準拠の無線LAN対応ルーターとワイヤレス接続も行なえる。

対応するISPのサービスは、ソニーコミュニケーションネットワーク(株)の“So-net.TV on 4th MEDIA”、ニフティ(株)の“@niftyTV on 4thMEDIA”、日本電気(株)の“BIGLOBE.TV on 4th MEDIA”、パナソニック ネットワークサービシズ(株)の“hi-ho.TV on 4th MEDIA”、(株)ぷららネットワークスの“Plala.TV on 4th MEDIA”。

Picture Mate 300 画面イメージ
『Picture Mate 300』(本体、リモコン)とオプションの無線LANアダプター画面イメージ

『Picture Mate 300』は、映像符号化がMPEG-2 PS/TS、音声符号化がMPEG-1 Layer-1/-2に対応し、誤り訂正技術には米Digital Fountain社のRaptor Version 9を採用。著作権保護機能には、コンテンツ保護/暗号化機能として、AES(Advanced Encryption Standard)ベースの独自暗号化を採用している。アナログコピーガード機能は米Macrovision社のものを利用。インターフェースは、映像出力(RCA/S端子/D1端子)、音声出力(RCA)、10/100BASE-TX、USB 2.0を搭載する。本体サイズは幅200×奥行き147×高さ28mm、重量は約500g。消費電力は最大15W。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン