このページの本文へ

オプティキャスト、FTTH多チャンネル放送の戸建て向けサービスを開始――サービス名称は“スカパー!光”に

2006年03月29日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)オプティキャストは29日、Bフレッツを利用したRF(Radio Frequency)方式の多チャンネル放送の戸建て住宅向けサービスの販売を4月1日に開始すると発表した。(株)オプティキャスト・マーケティングを通じて、NTT東日本エリアで販売する。併せて、光ファイバー向け多チャンネルサービスの名称を従来の“光パーフェクTV!(ピカパー!)”から“スカパー!光”(SKY PerfecTV! HIKARI)に変更し、ロゴマークも光をイメージした新しいものを採用することも発表した。

新ロゴマーク
“スカパー!光”

戸建て住宅向けサービスの開始に合わせて、現在提供しているスカパー!のパッケージに加え、“スカパー!光パック”と“スカパー!光 パック セレクション”の販売も開始する。“スカパー!光パック”は、地上波/BS放送/FMラジオ/CS有料チャネル(68ch)/基本料/STBレンタル料を組み合わせたもので、料金は月額4590円。“スカパー!光 パック セレクション”は、CS有料チャネルを50chに変更したもので、料金は月額3990円。なお、加入料は2940円、工事費は2万790円などで、加入には“Bフレッツ ハイパーファミリータイプ”の契約が必要。

サービス開始時の提供エリアは、東京23区(一部地域を除く)で、6月以降、神奈川県の横浜市/川崎市(一部地域を除く)、東京都の三鷹市/府中市/調布市/狛江市/小金井市/武蔵野市/国立市/国分寺市/小平市/西東京市(一部地域を除く)、千葉県の浦安市/市川市/船橋市(一部地域を除く)に拡大する予定。

同社では今回提供を開始するサービスにより、1芯の光ファイバーを利用して、多チャンネル放送サービスと、NTT東日本が提供するインターネットサービス、光IP電話サービスのトリプルプレイサービスの提供が可能になるとしている。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン