このページの本文へ

デル、Core Duoを搭載したビジネスノートパソコン『Latitude D820』など2機種を発売

2006年03月29日 20時52分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デル(株)は29日、企業/教育/官公庁市場向けノートパソコン“Latitude(ラティチュード)”シリーズの新製品として、インテル Core Duoプロセッサーとモバイル インテル945GM/945PM Expressチップセットを搭載した『Latitude D820』と『Latitude D620』の販売を30日に開始すると発表した。B.T.O.で販売する。

Latitude D820 Latitude D620
『Latitude D820』『Latitude D620』

『Latitude D820』は、2005年2月に発表した現行の『Latitude D810』の後継機種で、マグネシウム合金製のフレームと液晶ディスプレーカバーを採用した“Tri-Metal設計”や、HDDへの衝撃を吸収/緩和する“StrikeZoneテクノロジー”による堅牢性を備えたほか、セキュリティー機能を搭載するのが特徴。

CPUは、Core Duo T2600-2.16GHz/T2500-2GHz/T2400-1.83GHz/T2300-1.66GHzから、チップセットはモバイル インテル945GM/945PM Expressチップセットから選択でき、メモリーは512MB~4GB(デュアルチャネル/DDR2 SDRAM)、HDDは40G/60G/80G/100GB(シリアルATA)を搭載できる。グラフィックス機能は、チップセット内蔵のもののほか、NVIDIA Quadro NVS 110M 256MB DDR TurboCache(メインメモリーを最大128MBを使用)やNVIDIA Quadro NVS 120M 512MB DDR TurboCache(メインメモリーを最大256MBを使用)から選択可能。液晶パネルは15.4インチで、1920×1200画素/約1677万色表示のWUXGA+、1680×1050画素/約1677万色表示のWSXGA+、1280×800画素/約1677万色表示のWXGAの3種類が選択できる。メディアベイにはCD-ROMドライブやDVD±R/±RWドライブ、HDD(40GB、Ultra ATA/100)、3.5インチFDDなどを搭載可能。

通信機能は、10/100/1000BASE-T、V.92準拠56kbpsモデム、赤外線などを搭載し、無線LAN機能は、IEEE 802.11a/b/gやBluetoothを搭載可能。インターフェースは、USB 2.0×4(うちPowerd USB×1)、IEEE 1394、アナログRGB、シリアルなどを装備する。セキュリティー機能は、セキュリティーチップ(TPM Ver.1.2)とスマートカードリーダーを搭載し、ユーザー/管理者/HDD BIOSパスワードなどに対応。オプションの指紋認証デバイス付きパームレストを選択すればパームレスト中央に指紋認証リーダーを内蔵できる(指紋認証デバイスは後日販売予定)。拡張スロットはExpressCard /54mmを搭載する。OSはWindows XP Professional SP2/Home Edition SP2を利用できる。電源はスマートリチウムイオンバッテリー(6セル/9セル)、90W Dシリーズ専用ACアダプターを利用する。本体サイズは幅361×奥行き261.6×高さ35.3mm、重量は2.8kg。

価格例は、Core Duo T2300、945GM Expressチップセット、512MBのメモリー、40GBのHDD、WXGA液晶パネル、24倍速CD-ROMドライブ、Dell Wireless 1390内蔵ワイヤレスLAN Miniカード(802.11b/g)、6セルバッテリー、ACアダプター、Windows XP Home Edition SP2の構成で、3年間コンプリート・ケア(盗難対象外)と24時間365日テクニカル電話サポート(Eメールサポート付き)が付属して、17万1675円。

『Latitude D620』は、2005年2月に発表した現行の『Latitude D610』の後継機種。CPUとチップセット、メモリー、HDD、ディスクベイ用ドライブ、通信機能、対応OSなどは、Latitude D820と同じものを搭載できるが、グラフィックス機能はチップセット内蔵とNVIDIA Quadro NVS 110M 256MB DDR TurboCacheから、液晶パネルは14.1インチの1440×900画素/約1677万色表示のWXGA+、1280×800画素/約1677万色表示のWXGAから選択することになる。インターフェースは、USB 2.0×4アナログRGB、シリアルなどを装備する。電源はスマートリチウムイオンバッテリー(4セル/6セル/9セル)、65W Dまたは90W Dシリーズ専用ACアダプターを利用する。本体サイズは幅337×奥行き238×高さ32mm、重量は1.98kg。

価格例は、Core Duo T2300、945GM Expressチップセット、512MBのメモリー、40GBのHDD、WXGA液晶パネル、24倍速CD-ROMドライブ、Dell Wireless 1390内蔵ワイヤレスLAN Miniカード(802.11b/g)、4セルバッテリー、ACアダプター、Windows XP Home Edition SP2の構成で、3年間翌営業日出張修理(オンサイト)サービス、3年間コンプリート・ケア(盗難対象外)と24時間365日テクニカル電話サポート(Eメールサポート付き)が付属して、16万7475円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン