このページの本文へ

AVC Technology Japan、ポータブルオーディオプレーヤー“SIGNEO”『SN-A250』を発売

2006年03月22日 18時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
(株)AVC Technology Japanは22日、デジタルオーディオプレーヤー“SIGNEO(シグネオ)”の新製品として、フラッシュメモリーを搭載した“SIGNEO”『SN-A250』を25日に発売すると発表した。メモリー容量が256MB、512MB、1GBの3モデルをラインアップする。価格は256MBモデルが1万1800円、512MBモデルが1万5800円、1GBモデルが1万9800円。直販サイト“SIGNEO eDirect(シグネオ・イーダイレクト)”でも販売する。
前面 側面 背面
前面側面背面
『SN-A250』

『SN-A250』は、有機ELディスプレーと鏡面風に仕上げられたフロントパネルを採用した小型のオーディオプレーヤー。本体サイズは幅32×奥行き12.6×高さ68.5mm、重量は約31g。再生対応ファイル形式はMP3(16k~320kbps)、WMA(32k~192kbps)/WAVでDRMにも対応。256MBあたり約4時間(約60曲)ぶんを収録できる。再生機能にはROCK/HIPHOPなど10種類のプリセットイコライザーとカスタムイコライザーが用意されている。そのほか、マイクとワールドワイド対応のFMチューナーを搭載しており、ボイスレコーディング(WAV、8k/16k/22kHz、256MBあたり約16時間)やFM放送録音(WAV、8k/16k/22kHz、256MBあたり約8.5時間)が可能で、無音部分で録音を停止してトラックを作成するオートシンク機能(3秒固定)を利用できるライン入力録音(MP3形式)も搭載する。

インターフェースはUSB 2.0/1.1対応で、マスストレージクラスをサポートする。対応OSはWindows XP/2000/Me/98 SE、Mac OS X 10.2.8以降。電源はリチウムポリマー充電池を内蔵し、約18時間の再生が可能。充電は付属のACアダプターやパソコンのUSBポートで行なえる。ネックレス型イヤホン、USBケーブル、ライン入力用ケーブルなどが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン