このページの本文へ

NEC、特許分析時間を最大70%削減するソフトウェア『PatTextChart』を発売――同時に“特許分析サービス”も提供開始

2006年03月20日 20時42分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)(NEC)は20日、社内外の特許情報を言語解析して、各特許の特徴(特許申請の背景にある技術的課題と課題解決策)を単文単位で抽出・分析する、特許検索専用ソフトウェア『PatTextChart(パットテキストチャート)』を本日より販売開始したと発表した。価格は150万円(税別、5ユーザーの場合)から。同時に、(株)日本電気特許技術情報センターの専門家が定量的/定性的に特許動向を分析する“特許分析サービス”も併せて提供開始している。同サービスの価格は100万円(税別)から。

『PatTextChart』および“特許分析サービス”のシステムイメージ
『PatTextChart』および“特許分析サービス”のシステムイメージ

PatTextChartは、同社独自の言語解析・情報抽出技術をベースに、特許固有の同義語辞書や表現パターンのルールなどを加味して開発したもの。膨大な特許情報を言語分析して、特許の特徴となる“技術的課題”と“解決策”を理解しやすい短文形式で抽出し、分類・一覧表示する。

PatTextChartの画面イメージ
PatTextChartの画面イメージ

同社ではPatTextChartを使うことで、従来の人手による検索に比べて最大70%の検索時間短縮を実現可能としており、競合する特許取得の特徴、特許の動向などを迅速に把握・分析できるという。これにより研究開発投資の効率化や事業開発、M&A(戦略的企業買収)などの経営戦略の立案を迅速化できるとメリットを説明する。

NECが従来から提供している知財戦略支援ソリューションと新製品/新サービスの位置づけ
NECが従来から提供している知財戦略支援ソリューションと新製品/新サービスの位置づけ

同社では同ソフトおよびサービスを、今後3年間で100社への販売を計画しており、売上額は3年間で20億円を目指すとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン