このページの本文へ

NECと日本SGI、光で気持ちを伝え合う“言花(KOTOHANA)”を開発

2006年03月03日 21時59分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)、(株)NECデザイン、日本SGI(株)の3社は3日、人と人との気持ちを光で伝え合う“フィーリング・コミュニケーター”として“言花(KOTOHANA)”を共同開発したと発表した。NECは“言花”をドイツで現地時間の9日から開催されるIT見本市“CeBIT”に出展するという。

手で持ったイメージ 2個セットで使用する
花型端末を手に持ったイメージ花型端末は2個をセットにして使用する
“言花(KOTOHANA)”(コンセプトモデル)

“言花(KOTOHANA)”は、無線LANなどのネットワーク機能を搭載し、LEDが組み込まれた花型の端末で、話し手の感情を光の色で表現するのが特徴。周囲にいる人が“楽しさ”を感じていれば「黄」、“興奮”を感じていれば「赤」などのように色を変化させることで対話を楽しく演出するようになっている。の機能を携帯端末などに組み込めば、相手の感情やフィーリングをさりげなく知るという新しいコミュニケーションを生み出す可能性を持っているという。

話し手の感情を認識するために、(株)エイ・ジー・アイと共同開発した感情認識エンジン“ST(Sensibility Technology)”が採用されており、STが花型の端末に組込まれたマイクからの音声を解析し、発話のリズムから“喜び”“哀しみ”“平常”“興奮”の感情を検出、その結果をLEDの色の変化としてフィードバックするようになっている。色の変化は、喜び→黄色、哀しみ→青、平常→緑、興奮→赤、のように変化するほか、興奮度が“弱”から“強”に変わった場合など、変化を光の強弱で表現するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン