このページの本文へ

圧倒的な風量でクーリング! VIZOから高速回転のケースファン2モデルが発売に

2006年03月15日 23時07分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VIZOから高回転ケースファン“WindStorm”シリーズが登場した。80mm角タイプの「WS8038」と92mm角タイプの「WS9238」の2モデルで、軸はダブルボールベアリング仕様となっている。代理店はエアリア。

パッケージ
VIZOから登場した高回転ケースファン“WindStorm”シリーズ
厚み
本体にはファンガードが取り付けられており、厚みは両製品とも38mm。ずんぐりとした感じだ

 回転数/風量は「WS8038」が5800rpm(±10%)/81.5CFM、「WS9238」が4800rpm(±10%)/110.5 CFMというもので、クーリングには十分過ぎるスペックだ。ただし、その分ノイズレベルもすさまじく、「WS8038」が52.1dB、「WS9238」が55dBと最近の静音ブームから考えると“爆音”というのがふさわしい。同様の高回転ファンとしては以前紹介した山洋電気製の120mm角ファン「9SG1212G101 SanAce120」(回転数6000rpm、風量260CFM、ノイズレベルは64dB)があるが、80mm角や92mm角で同様の製品が欲しかったというユーザーには注目だろう。電源コネクタは12V4ピンとファンコントロールが可能な3ピンを用意。価格は両モデルとも同じで、クレバリー1号店で2073円、アークとスリートップ2号店、パソコンハウス東映で2280円。

実験 ロゴ
店員の前髪をみてもらえばわかるように、相当な風量がある。(※危険ですので絶対にマネをしないでください)一応言及はしておくが、これがVIZOのロゴ……
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ