このページの本文へ

キヤノン、『IXY DIGITAL WIRELESS』のファームウェアアップデーターを5月に公開予定――撮影した画像を無線でMacに転送可能

2006年03月14日 21時25分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
IXY DIGITAL WIRELES
『IXY DIGITAL WIRELESS』

キヤノン(株)とキヤノン販売(株)は、IEEE 802.11b規格に準拠した無線LAN機能を内蔵するコンパクトデジタルカメラ『IXY DIGITAL WIRELESS』のファームウェアアップデーターを、5月に公開する予定があることを明らかにした。アップデーターを適用することで、撮影した画像を無線でMacに転送したり、IXY DIGITAL WIRELESS同士で画像をやりとりできるようになる。

Macに画像を転送するためには、カメラのファームウェアの更新に加えて、画像管理ソフト『Image Browser』のバージョンアップが必要になる。対応OSはMac OS X 10.4以上で、Intel製CPUを搭載するMacには非対応。

『AirMacベースステーション』などのアクセスポイント経由でデータを送る“インフラストラクチャモード”、およびMacと直接データをやり取りする“アドホックモード”で通信できる。無線経由で利用可能になる機能は以下のとおり。

  • カメラに保存したデータを無線で転送できる“ワイヤレスダイレクト転送”
  • シャッターを押すと同時に撮影した画像をパソコンに転送する“撮影同時転送”
  • 無線LAN経由でパソコンにつないだプリンターから写真を印刷する“パソコン経由プリント”
  • 離れた場所にあるカメラのライブ映像をMacの画面で確認し、Macのキーボードでズームやモードを変更して撮影できる“ワイヤレスリモートキャプチャー”



カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中