このページの本文へ

市川ソフトラボラトリー、『SILKYPIX Developer Studio 2.0』Macintosh版を発売――日本語版と英語版をラインアップ

2005年10月03日 18時05分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)市川ソフトラボラトリーは3日、『SILKYPIX Developer Studio 2.0』Macintosh版として日本語版と英語版を同日付けで発売したと発表した。価格は1万6000円。『SILKYPIX Developer Studio 1.0』Macintosh版からのアップグレードは31日まで6200円で提供するという(国内のみ)。

“SILKYPIX Developer Studio”はプロカメラマンや出版/編集社などで利用されているというプロ/ハイアマチュア向けのRAW現像ソフト。新機能として、自動露出補正、オートホワイトバランス、ホワイトバランス微調整、回転機能、デジタルシフト、RGB独立トーンカーブ、ファインカラーコントロール、リネーム/一括リネーム、トリミング、Exif情報の表示、暗部調整、レンズ収差補正、3次元カラーマッピング方式の採用、ハイライトコントローラー、パラメーターコントロールの表示形式のカスタマイズ機能、印刷機能などが追加されており、GUIもコントロールボックスをフローティングウィンドウ化できるように変更されている。対応OSはMac OS X。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン