このページの本文へ

登場間近! Pentium D-820と“i945G”搭載「GA-8I945G Pro」の組み合わせでデモ開始!

2005年05月22日 00時32分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 来週の26、27日にも各社から発売開始と噂されているインテルの新チップセット“i945P”と“i945G”搭載のマザーボード。VGA機能を統合すると思われる“i945G”を搭載したGigabyte製マザーボード「GA-8I945G Pro」を使ったデモがZOA秋葉原店で行なわれている。

デモ
Gigabyte製マザーボード「GA-8I945G Pro」を使ったデモ。デュアルコアCPU「Pentium D-820(2.8GHz)」を使用している
スコア
「大航海時代 Online ベンチマーク」(解像度1024×768/32ビットフルスクリーン表示)でスコア“273”

 今までにも「GA-8I945G Pro」が展示された例はあったが、実際にこのマザーを使ったデモが店頭で行なわれるのは、おそらく今回が初めて。ZOA秋葉原店では、こちらも未発表のデュアルコアCPU「Pentium D-820(2.8GHz)」を使って、「大航海時代 Online ベンチマーク」(解像度1024×768/32ビットフルスクリーン表示)のデモを行なっている。「i915Gの内蔵VGA機能よりも、かなり高機能のようだ。現在流通している国内のオンラインゲームであれば十分動作可能なのでは」(スタッフ)とのこと。“Intel GMA900”から“Intel GMA950”へと進化したVGA機能は、オンボードの機能としてはかなりのレベルにあるといってよさそうだ。

GA-8I945G Pro パッケージ
「GA-8I945G Pro」。ご覧のようにビデオカードは使用していないパッケージもすでに準備完了といった感じ。VGA機能はRADEON X300SE相当という表記も見える
ブロックデザイン GA-8I945G-MF
マニュアル記載のブロックデザイン図。“Intel GMA900”から“Intel GMA950”へと進化したVGA機能は、オンボードの機能としてはかなりのレベルにありそうことらはMicro ATX版となる「GA-8I945G-MF」。発売は同時の見込み
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ