このページの本文へ

デュアルGPU搭載の“3D1”シリーズを使える“nForce4 SLI Intel Edition”対応のGigabyte製マザーがついに発売!

2005年05月25日 22時28分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前紹介した、SLI“nForce4 SLI Intel Edition”対応のGigabyte製LGA775対応マザーボード「GA-8N-SLI Royal」が発売された。

「GA-8N-SLI Royal」
“nForce4 SLI Intel Edition”対応のGigabyte製マザー「GA-8N-SLI Royal」
「国産コンデンサ
電源やCPU周りのコンデンサは日本製のものを使用

 今回の製品は同社初のnVIDIA製“nForce4 SLI Intel Edition”搭載マザーで、FSB1066MHzサポート、デュアルチャネルDDR2 667に対応する。そのほかSerial ATA II RAIDが6ポートにデュアルギガビットイーサネット、IEEE1394b、8チャンネルサウンドなどを装備。また、従来のSocket 939/940に対応したSLIマザーと同じように、2つのPCI Express x16スロット間にSLI/NORMALモードを切り替える専用スロットを用意する。スロットには“C19 only”と書かれたSLI/NORMALモード切り替え用のスイッチ基板が差し込まれている。特筆すべきはこの切り替え用の基板以外に、“C19+3D1”と記載されたスイッチ基板が同梱されているところ。マニュアルによると、この基板を使用することにより、1つのカードに2つのGPUを搭載することにより単体でSLI環境を構築可能とする同社製ビデオカード「GV-3D1」や「GV-3D1-XL」を使用可能という。“3D1”シリーズはSocket 939対応の「GA-K8NXP-SLI」と「GV-3D1」のセットか、同Socketを対応の「GA-K8N ULTRA-SLI」と「GV-3D1-XL」の2つの環境でしか使用できなかったが、LGA775の環境でも両ビデオカードの使用できるようになったわけだ。
 そのほか、CPUに安定した電力を供給するVRMモジュール“U-Plus D.P.S.(Universal-Plus Dual Power System 2)”や、Bluetoothアダプタなどが同梱される。価格は以下の表の通り。

“C19 only”と書かれたSLIスイッチ基板 “C19+3D1”と書かれたSLIスイッチ基板
PCI Express x16スロットの間にある専用スロットに差し込まれた“C19 only”と書かれたSLIスイッチ基板。“C19”は“nForce4 SLI Intel Edition”のコードネーム付属の“C19+3D1”と書かれたSLIスイッチ基板。同社製のビデオカード“3D1”シリーズを利用する場合はこちらの基板を差す
“U-Plus D.P.S.” Bluetoothアダプタ
同社のハイエンド製品ではおなじみの電力安定化モジュール“U-Plus D.P.S.”が付属2.45GHz帯の電波を利用し、1Mbpsの速度で通信を行えるBluetoothアダプタ。付属のソフトによりBluetooth対応のPDA、ノートパソコン、ヘッドホンと接続できる
価格 ショップ
\27,000 俺コンハウス
\27,980 アーク
\28,980 TSUKUMO eX.
ZOA秋葉原店
\28,980 高速電脳
\29,480 T-ZONE PC DIY SHOP
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ