このページの本文へ

東芝、コストパフォーマンスを高めた普及価格帯向けノートパソコン新製品“dynabook VX”と“dynabook TX”を発表!

2005年05月09日 14時56分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
dynabook VX/570LS dynabook TX/550LS
dynabook VX/570LSdynabook TX/550LS

(株)東芝は9日、普及価格帯に位置する2スピンドルノートパソコンの新製品『dynabook VX/570LS』と『dynabook TX/550LS』の2モデルを発表した。いずれも価格はオープンプライスで、発売予定日は5月中旬。

dynabook VX/570LS、TX/550LSの主なスペック
商品名 dynabook VX/570LS dynabook TX/550LS
CPU Pentium M 730-1.60GHz Celeron M 360-1.40GHz
チップセット Intel 915GM Express Intel 910GL Express
メモリー 512MB
グラフィックス チップセット内蔵機能
液晶ディスプレー 15.4インチワイド 1280×800ドット 15インチ 1024×768ドット
HDD 100GB
光ディスクドライブ DVDスーパーマルチドライブ(DVD+R DL 最大2.4倍速書き込み、DVD±R 最大8倍速書き込み、DVD±RW 最大4倍速書き換え、DVD-RAM 最大3倍速書き換え、CD-R 最大24倍速書き込み)
スロット PCカード TypeII×1、ブリッジメディアスロット(※1)×1 PCカード TypeII×2、ブリッジメディアスロット×1
通信 IEEE 802.11b/g、10/100BASE-TX、V.90 56kbpsモデム
I/O USB 2.0×3、IEEE 1394、外部アナログディスプレー端子、Sビデオ出力、ヘッドホン出力など USB 2.0×4、IEEE 1394、外部アナログディスプレー端子、Sビデオ出力、ヘッドホン出力など
サイズ(W×D×H) 360×268.5×36.2mm 338×280×36.9mm
重量 約3.0kg
OS Windows XP Home Edition SP2
予想実売価格 20万円前後 18万円前後
※1 ブリッジメディアスロット SDメモリーカード/xDピクチャーカード/MMC/スマートメディア/メモリースティック/メモリースティックPROに対応

dynabookのシリーズは、東芝の先端技術をふんだんに盛り込んだ“差異化製品”と、コストパフォーマンスを重視した“コモディティー製品”の2系統の製品群に分類される。今回発表されたdynabook VXとTXの新製品は、いずれも後者に属する製品だ。派手な機能は搭載しないものの、売れ筋製品に要求される機能をバランス良くまとめたノートパソコンとなっている。

dynabook VX/570LSは、20万円前後の予想実売価格で15.4インチのワイド液晶ディスプレーを搭載するのが特徴の製品だ。他社の同クラスのスペックを備えるノートパソコンと比較すると、1.5万~2万円ほど安価に設定されている。横長でやや薄く(厚さ29~36.2mm)感じるボディーを備えており、デスクトップ代替ノートとしての使用を主用途としている。搭載する液晶ディスプレーは“高輝度Clear SuperViewワイド液晶”と呼ばれる、DVD再生などに適した高輝度(220cd/m2)なものを使用している。本体内蔵のスピーカーには、同社のAVノートパソコン“Qosmio(コスミオ)”などでも使用されているharman/kardon製ステレオスピーカーを採用する。

dynabook VX/570LSの前面(上)と背面。ボディーの薄さがイメージできる dynabook VX/570LSの右側面(上)と左側面
dynabook VX/570LSの前面(上)と背面。ボディーの薄さがイメージできるdynabook VX/570LSの右側面(上)と左側面

基本スペック面では、インテル(株)の“Centrinoモバイル・テクノロジ”に対応するCPUやチップセット、無線LAN機能を標準搭載しており、CPUにはPentium M 730-1.60GHz、チップセットはグラフィックス機能を内蔵するIntel 915GM Expressを搭載するなど、パフォーマンスにも優れる。TV録画機能は搭載しないが、内蔵HDD容量は100GBと、TV機能を持たないノートとしては多めの量を搭載している。また2層式DVD+R(DVD+R DL)に対応するDVDスーパーマルチドライブも内蔵する。また付属アプリケーションとして、『Microsoft Office Personal Edition 2003(SP1適用済み)』がプレインストールされている。

予想実売価格は約20万円前後と想定される。

一方のdynabook TX/550LSは、dynabook TXシリーズでもTV録画機能を搭載しないタイプに属する。15インチXGA液晶ディスプレーを搭載する、オーソドックスなバリューセグメント(低価格帯)のノートパソコンとなっている。液晶ディスプレーには380cd/m2と輝度性能に優れた“Clear SuperView液晶”を採用する。

春モデルのTXシリーズと比べて、基本スペックが大きく強化されているのがTX/550LSの特徴のひとつだ。チップセットには最新のバリューセグメント向けグラフィックス内蔵チップセット“Intel 910GML Express”を備える。CPUにCeleron M 360-1.40GHzを搭載するほか、標準搭載メモリー512MB、内蔵HDD 100GBなど、10万円台後半の価格帯に位置するノートパソコンとしては充実した性能を備える。光ディスクドライブとしては、VX/570LSと同じDVD+R DL対応のDVDスーパーマルチドライブを内蔵する。Office Personal 2003をプレインストールする点もVX/570LSと同様である。USB 2.0ポートを右側面に4ポートと、このクラスのノートとしては多めに搭載しているという特徴もある。

dynabook TX/550LSの前面(上)と背面 dynabook TX/550LSの右側面(上)と左側面。片側にUSBポートが4つ並んだ配置は珍しい
dynabook TX/550LSの前面(上)と背面dynabook TX/550LSの右側面(上)と左側面。片側にUSBポートが4つ並んだ配置は珍しい

予想実売価格は約18万円前後と想定される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン