このページの本文へ

ウォーターブロックにポンプなどを内蔵した水冷システム「AQUAGATE Mini R80/R120」が登場

2005年04月27日 22時37分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスターからケース内蔵型の水冷システム「AQUAGATE Mini R80/R120」の2製品が登場した。以前紹介した「AQUAGATE」の下位モデルで、ウォーターブロック部分にポンプやリザーブタンクを内蔵しているためパーツ構成はCPUヘッド部分とラジエータ部のみ。他社製の水冷システムに比べてシンプルな構成となっている。

パッケージ
クーラーマスター製のケース内蔵型の水冷システム「AQUAGATE Mini R80/R120」

 製品はすでに冷却水が封入された完成品で、同社のウェブページによれば2年間メンテナンスフリーとしている。ウォーターブロック部は銅製となっており、対応CPUはLGA775、Socket 478/603/604/754/939/940/Aの8種類。
 ラジエータ部はアルミ製で、搭載する自動回転制御機能付きのファンによりサイズが異なる。80mm角ファン(回転数/騒音値:1800~3800rpm/24.4~37.9dB)を搭載する「AQUA GATE Mini R80」のラジエータサイズは80(W)×120(D)×45(H)mm、120mm角ファン(回転数/騒音値:800~2800rpm/21.3~35.32dB)を搭載する「AQUA GATE Mini R120」は120(W)×160(D)×35(H)mmとなっている。ウォーターブロック部とラジエータ部を接続するチューブ長は30cmのものが2本となっているため、他社製品のようにチューブがケース内をはい回るということはないだろう。価格は「AQUAGATE Mini R80」がブレスで1万1980円、アークで1万2800円、TSUKUMO eX.で1万2980円、高速電脳で1万3524円、「AQUAGATE Mini R120」がブレスで1万2780円、アークで1万3800円、TSUKUMO eX.で1万3980円、高速電脳で1万4647円。

中身 ウォーターブロック
パッケージを開けると、すでにこのように組み立てられているウォーターブロック部のCPUに接するところは銅製
ファン 取り付け
搭載する自動回転制御機能付きのファンを搭載する。写真は12cm角ファンの「AQUAGATE Mini R120」に同梱されているファンラジエータをケースに取り付けたところ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ