このページの本文へ

エルピーダメモリ、90nmプロセスの512MビットDDR2 SDRAMの生産を開始

2005年04月20日 22時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エルピーダメモリ(株)は20日、90nmプロセスを採用した512MビットのDDR2 SDRAMの生産を開始したと発表した。チップサイズは世界最小という69.9mm2。6月にサンプル出荷を開始し、第3四半期に量産出荷を開始する予定としている。

ウエハー
90nmプロセスを採用した512MビットDDR2 SDRAMのウエハー

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン