このページの本文へ

エルピーダメモリ、800Mbps対応の256MビットDDR2 SDRAM“EDE2508/EDE2516”シリーズを製品化

2005年03月22日 23時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エルピーダメモリ(株)は22日、最大800Mbps動作に対応したハイエンドパソコン向けの256Mbit DDR2 SDRAMとして、100nm CMOSプロセスを採用した“EDE2508/EDE2516”シリーズを製品化すると発表した。8Mワード×8ビット×4バンクの『EDE2508ABSE-GE-E』と、4Mワード×16ビット×4バンクの『EDE2516ABSE-GE-E』の2製品をラインアップし、5月に量産出荷を開始する。

『EDE2508ABSE-GE-E』
『EDE2508ABSE-GE-E』

“EDE2508/EDE2516”の電源電圧(VDD)は1.85V±0.1Vで、クロック周波数は400MHz。パッケージFBGAで、8ビットI/O品が60ボール、16ビットI/O品が84ボール。

同社では、同製品を採用することにより、モジュール1枚で毎秒6.4GBのデータ転送速度が実現できるとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン