このページの本文へ

【こちら秋葉原一丁目ホームページ】Act.0003 模型で見る2007年の秋葉原

2005年04月20日 23時38分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2005年3月30日の秋葉原ダイビル竣工式のプレス向け説明会でも展示された秋葉原の模型がある。非常に正確に2007年時点の秋葉原をモデル化したものなので、詳しく撮影させていただいた。

秋葉原駅もご存じのように大規模な工事が行われている
JR秋葉原駅もご存じのように大規模な工事が行なわれている。昭和通り側の改札が北側に後退、JR山手・京浜東北線の東側に「新改札口」ができる。“ヨドバシAKIBAビル(仮称)”の線路寄りは駅前広場。中央通り側が圧倒的にパワーを持っていた秋葉原のバランスが変わることがよくわかる
新しいJR秋葉原駅の構造。北側の駅前の感じが分かる。
新しいJR秋葉原駅の構造。北側の感じがよくわかる
北西から。クロスフィールドなどのビルの大きさ、位置関係がよく分かる。
北西から。“秋葉原クロスフィールド”などのビルの大きさ、位置関係がよくわかる
中央通り末広町方面からクスロスフィールドを見る。
中央通り末広町方面から“秋葉原クスロスフィールド”を見る
ザ・コンピュータ館あたりからUDXを見る。
ラオックス ザ・コンピュータ館あたりから“秋葉原UDX”を見る
昭和通り側からUDX、ダイビルの間に、空中回廊と線路、ヨドバシカメラ秋葉原店が見える。
昭和通り側から。“秋葉原UDX”と“秋葉原ダイビル”の間に、空中回廊と線路、“ヨドバシAKIBAビル(仮称)”が見える
西側から。左から地上40階建の都市型高層マンションのTOKYO TIMES TOWER、地上22階建の秋葉原UDX、地上31階建の秋葉原ダイビル
西側から。左から地上40階建の都市型高層マンションの“TOKYO TIMES TOWER”、地上22階建の“秋葉原UDX”、地上31階建の“秋葉原ダイビル”
東側から。手前が昭和通り側となる。線路をはさんでこちら側に、地上31階建の富士ソフトABC秋葉原ビル(2007年完成予定)、地上8階建の東京青果秋葉原ビル、オリックス秋葉原ビル(2005年秋完成予定)。
東側から。手前が昭和通り側となる。線路をはさんで手前側に、地上31階建の“富士ソフトABC秋葉原ビル”(2007年完成予定)、地上8階建の“東京青果秋葉原ビル”、“オリックス秋葉原ビル”(2005年秋完成予定)
東側から。
東側から
昭和通り側の視点から。
昭和通り側の視点から
上から見た。世界的な電気の街が、短期間の間に大きく変貌を遂げIT基地と変わる感じが面積比で体感できる。JR山手・京浜東北線の北側の緩やかにカーブした道の下につくばエスクプレスが通る。
完成予定後の秋葉原周辺を“秋葉原クロスフィールド”を中心に真上から見た。世界的な電気の街が、短期間の間に大きく変貌を遂げIT基地と変わる感じが面積比で体感できる。JR山手・京浜東北線の北側の緩やかにカーブした道の下につくばエスクプレスが通る
模型全体。
模型全体


※完成時には建築物の名称および構造などが変更される場合があります
【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ