このページの本文へ

ニコン、“こどもスナップ”モードを搭載したデジタル一眼レフのエントリーモデル『ニコンD50』を発売

2005年04月20日 16時51分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ニコンは20日、ニコンカメラ販売(株)が初心者にも使いやすくしたデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル『ニコンD50』を6月に発売すると発表した。価格はオープン。併せて、新開発の標準ズームレンズ『AF-S DXズームニッコールED18~55mm F3.5~5.6G』をセットにした『D50レンズキット』、望遠ズーム『AF-S DXズームニッコールED55~200mm F4~5.6G』もセットにした『D50ダブルズームキット』も発売する。価格はオープン。

ブラック シルバー
ニコンD50(ブラック)ニコンD50(シルバー)

『ニコンD50』は、家族みんなで楽しめるというコンセプトで開発したデジタル一眼レフカメラのエントリーモデルで、家族で最も撮影したい子供をきれいに写せるという“こどもスナップ”モードを搭載するのが特徴。低価格化に加え、メニューの文字を大きくしたり、分かりやすいアイコンを採用したりといった使いやすさの向上や、小型軽量化も図ったという。ヘルプボタンも用意されている。

作例
“こどもスナップ”モードによる作例

撮像素子には有効610万画素のニコンDXフォーマットCCDを採用し、新開発の画像信号処理エンジンを搭載。記録媒体にはSDメモリーカードを利用し、最大で3008×2000画素の記録が可能。記録形式はExif 2.21/DCF 2.0準拠でDPOF対応、画質モードはRAW(12bit圧縮)とJPEGで、同時記録に対応。レンズマウントはニコンFマウントを採用している。シャッター速度は30秒~1/4000秒。ファインダーはアイレベル式のミラーペンタで視野率約95%/倍率約0.75倍、モニター用の液晶パネルは2.0インチ約13万画素の低温ポリシリコンTFTを採用する。

測光には新開発420分割RGBセンサーを利用した独自の“3D-RGBマルチパターン測光II”を採用。オートフォーカスは、被写体の動きに合わせて最適なAFモードを選ぶ“AF-Aモード”を搭載しており、被写体や撮影状況を判断し、シングルAF(AF-S)とコンティニュアスAF(AF-C)を自動的に切り換えるようになっている。

起動時間も約0.2秒と高速化されており、毎秒2.5枚で約137枚の連続撮影も行なえる(SanDisk Ultra II SDメモリーカード:256MB、撮影モード:NORMAL、画像サイズ:Lの場合)。撮影機能では、撮影シーンに合わせて最適な条件をモードダイヤルで選択できるデジタルイメージプログラムには、オート/ポートレート/風景/スポーツ/クローズアップ/夜景ポートレート/こどもスナップが用意されている。

本体サイズは幅133×奥行き76×高さ102mm、重量は約540g(バッテリー/SDメモリーカード/ボディーキャップを除く)。ボディーカラーはブラックとシルバーをラインアップする。電源は付属のリチウムイオンバッテリー(EN-EL3)で約2000枚の撮影が可能(同社測定値)。クイックチャージャー(MH-18a)、USBケーブル(UC-E4)、ビデオケーブル、ストラップ、ボディーキャップ、アイピースキャップ(DK-5)、接眼目当て(DK-20)、アプリケーションソフト『PictureProject』が付属する。



18~55mm 55~200mm
『AF-S DXズームニッコールED18~55mm F3.5~5.6G』(ブラック)『AF-S DXズームニッコールED55~200mm F4~5.6G』(シルバー)

交換レンズは、『AF-S DXズームニッコールED18~55mm F3.5~5.6G』(ブラック/シルバー)と、『AF-S DXズームニッコールED55~200mm F4~5.6G』(ブラック/シルバー)の2本がラインアップされる。

『AF-S DXズームニッコールED18~55mm F3.5~5.6G』は、新開発の小型超音波モーター(サイレント・ウエーブ・モーター:SWM)を採用した35mm判換算で約27~82.5mm相当のズームレンズで、絞り値はF3.5~38。EDレンズと非球面レンズ1枚ずつを含む5群7枚構成。最短撮影距離は0.28m。本体サイズは直径69×長さ74mm、重量は約210g。本体カラーにはブラックとシルバーをラインアップする。

『AF-S DXズームニッコールED55~200mm F4~5.6G』は、EDレンズ2枚を含む9群13枚構成のズームレンズで、35mm判換算で約85.2~300mmに相当する。自然なボケ味の9枚羽根の円形絞りを採用しているのが特徴。絞り値はF4~32。最短撮影距離は0.95m。本体サイズは直径68×長さ79mm、重量は約225g。本体カラーにはブラックとシルバーをラインアップする。

価格は『AF-S DXズームニッコールED18~55mm F3.5~5.6G』が3万1000円、『AF-S DXズームニッコールED55~200mm F4~5.6G』が4万2000円。『AF-S DXズームニッコールED18~55mm F3.5~5.6G』については単体販売は10月の予定。

ダブルズームキット(ブラック) ダブルズームキット(シルバー)
D50ダブルズームキット(ブラック)D50ダブルズームキット(シルバー)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン