このページの本文へ

ノバック、MCE2005対応のTVチューナー&キャプチャーカード『Home-TV2』と『Dual-TV2』を発売

2005年04月06日 22時52分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ノバックは6日、地上波アナログTVチューナー&ビデオキャプチャーカードの新製品として、ハードウェアMPEG-1/-2エンコーダーを搭載し、Windows XP Media Center Edition 2005(MCE2005)に対応した『Home-TV2(ホーム・ティーブイ2)』と、デュアルチューナーを搭載した『Dual-TV2(デュアル・ティーブイ2)』の2製品を15日に発売すると発表した。価格はオープン。推定小売り価格は、『Home-TV2』が1万5800円、『Dual-TV2』が2万6800円。

『Home-TV2』 『Dual-TV2』
『Home-TV2』『Dual-TV2』

『Home-TV2』(NV-TV300H2)と『Dual-TV2』(NV-TV300D2)は、2004年に発表した『Home-TV』と『Dual-TV』の上位機種に相当し、『Home-TV2』ではパソコンに3枚を装着して3番組同時表示/録画が、『Dual-TV2』では3枚を装着して4番組同時表示/6番組同時録画を行なえるのが特徴。『Dual-TV2』では、ハードウェアエンコードに対応し、MCE2005にも正式に対応したという。エンコーダーチップには米コネクサント・システムズ社のCX23416を採用し、3Dノイズリダクションと3D Y/C分離には日本電気(株)のμPD64084、ゴーストリデューサーにはμPD64031Aを採用するなど、高画質化が図られている。

『Home-TV2』は、カードサイズが幅146.7×高さ81.2mm、重量が159gのPCIバス用カードで、『Daul-TV2』は、カードサイズが幅182.76×高さ81.1mm、重量が213gのPCIバス用カード。受信チャンネルはVHF/UHF/CATVで、音声多重放送に対応。対応フォーマットはハードウェアエンコードがMPEG-1/-2、ソフトウェアエンコードがMPEG-4。

拡張パネル拡張パネル

両機種とも、Sビデオ入力/コンポジットビデオ入力/音声入力/リモコン受光部をパソコンの3.5インチフロントベイに追加するための拡張パネル(ホワイト)が同梱される。拡張パネルにはパソコンのカラーに合わせて、カラーを変更できるシール(ブラック/アイボリー/シルバー)と、専用AVケーブルも付属する。従来機種同様、マルチリモコンも付属する。
アプリケーションとして、3枚装着時のiEPGにも対応したTV視聴/キャプチャーソフトのほか、ユーリードシステムズ(株)のビデオ編集ソフト『Ulead VideoStudio 8.0 SE DVD 日本語版』が付属する。対応OSはWindows XP Media Center Edition 2005、Windows XP SP2/2000 Professional(SP4)。対応機種はPCI 2.2以上に対応したPCIスロットを装備したPC/AT互換機。CPUはPentium 4-2.0GHz/Celeron-2.20GHz以上、Athlon XP 2200+以上、メモリーは512MB以上を推奨。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン