このページの本文へ

ノバック、ゲームユーザー向けの20インチワイド液晶テレビ『CynosゲームプロTYPE-R』を発売

2005年12月09日 20時10分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ノバックは9日、韓国デジタルサイノス(Digital Cynos)社のデジタルワイド液晶テレビ『CynosゲームプロTYPE-R』(DCM-20WTMHD2)の販売を16日に開始すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は8万円前後。

『CynosゲームプロTYPE-R』『CynosゲームプロTYPE-R』

『CynosゲームプロTYPE-R』は、IPS方式の20インチワイドグレア(輝き)ARコート液晶パネルを搭載し、D端子/コンポーネント/S/コンポジット入力の場合、ゲームモードを選択すれば映像データの98~99%(標準モードのオーバースキャンでは95%)を表示するアンダースキャン表示に対応したのが特徴。液晶パネルの解像度は1366×768画素(同社呼称は“W-XGA+”)で1677万色表示に対応し、視野角は上下/左右178度。輝度は550cd/m2、コントラスト比は600:1。応答速度は16ms。チューナーは地上波アナログに対応。パソコン用のアナログRGB入力も備えており、画面のアスペクト比を保ったまま640×480画素(VGA)や800×600画素(SVGA)のフル画面表示(上下フル/左右両端は黒)を行なったり、1280×1024画素(SXGA)の画面を960×768画素にダウンスケールして表示したりできる。表示する映像に適した表示を選択できる“PSM(Picture Status Memory)”機能(標準/ソフト/ダイナミック/ユーザー設定)や、サウンドを選択できる“SSM(Sound Status Memory)”機能(標準/音楽/映画/ニュース/ユーザー設定)も用意されている。

映像入力端子は、D端子(D4対応)、コンポーネント(Y/PbPr、D1対応)、Sビデオ、コンポジットビデオ(Sビデオと排他利用)、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)を装備する。スピーカーは5W+5Wを内蔵。本体サイズは幅494×奥行き200×高さ410mm、重量は約7.5kg。チルトは90度(壁掛け対応)。電源はACアダプター(DC24V出力)を利用し、消費電力は80W(スタンバイ時5W)。保証期間は1年間。

同社では同シリーズの現行の液晶テレビ『Cynosピュアエレガント20インチモデル』(DCM-20WTMHD)の価格改定を行なったことも発表した。価格は1万5000円値下げされ、7万4800円となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン