このページの本文へ

ヤマギワ東京本店のビル解体工事は4月1日から!

2005年03月16日 21時20分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 秋葉原駅周辺の土地開発事業のため3月21日(月)をもって一時閉店となるヤマギワ東京本店だが、ビルの解体作業が4月1日から開始となるようだ。

告知
4月1日から解体工事を開始すると告知されていた

 解体作業の期間は2006年の6月30日までの約1年3ヵ月。業務提携している石丸電気(株)に確認したところ「ビルの解体作業が完了したのち、店舗跡地が面する神田明神通りの拡張工事が開始され、2007年の夏~秋にかけて新店舗ビルが竣工する」と話している。中央通りと神田明神通りの交差点という抜群の立地に位置し、夕方になると照明が輝くランドマーク的な建物が、2年以上姿を消すわけだ。石丸電気によると、新たに建設されるビルの詳細は未定としながらも「地上8階建てで、屋上に“Yamagiwa”の看板が設置されている現在のスタイルを踏襲する」とのこと。なお、“ヤマギワ東京本店”の2階にある“照明器具フロア”は、22日(火)をもって“石丸電気本店”の2階に移動し、営業を継続する。

工期 歩道
工期は来年の6月30日までとしている神田明神通りは、この歩道の分だけ拡張される
店舗
“ヤマギワ東京本店”は3月21日をもって一時閉店にこの建物も4月をもって見納めとなる
【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ