このページの本文へ

ペンタックス、レンズ交換式中判デジタル一眼レフカメラ『PENTAX 645 Digital』の開発を表明

2005年03月16日 16時55分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ペンタックス(株)は16日、レンズ交換式中判デジタル一眼レフカメラ『PENTAX 645 Digital』(仮称)を開発していることを明らかにした。これは、17日から東京ビッグサイトで開催される“フォト イメージング エキスポ 2005”に合わせて発表したもので、イメージモックアップの展示となる。

撮像素子には米イーストマン・コダック社製の有効1800万画素(総1860万画素)の大型CCDを搭載する予定で、レンズマウントは“PENTAX 645AFマウント”を採用。従来の中判用交換レンズ“smc PENTAX645 レンズ”を装着できるという。

中判や大判のデジタルカメラについては、プロ向けの製品となるため、十分なサポート体制が構築できた段階で市場に投入すると見られる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン