このページの本文へ

NTT-AT、光カールコード“@くる。”の販売を開始

2005年01月17日 18時18分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ(株)は17日、宅内配線や機械可動部などへの配線を柔軟に行なうための光カールコード“@くる。(あっとくる)”の販売を19日に開始すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は1本あたり9000前後。

製品本体
“@くる。”(図1は外観、図2はカールを伸ばした状態)

“@くる。”は、NTTアクセスサービスシステム研究所が開発した“光ファイバカールコード”を応用したもので、曲げに強い光ファイバーコードを直径16mmのカール状に加工し、数倍程度まで特性を損なわずに配線できるのが特徴。コード径は2mmで、カール長は20cm。両端にSC(Single Coupling)またはMU(Miniature Unit coupling)コネクターが付けられており、カール部以外の長さは20cm(コネクター含む)。機械特性は、伸縮回数8万回後で伸び10%以下(伸び率200%)。挿入損失は2dB以下、反射減衰量は40dB以下。端面処理は光信号の反射を抑えられる研磨方式“AdPC(Advanced Physical Contact)”を採用している。製造は日立電線(株)が行なう。

光計測機器への適用例 機械可動部配線の利用イメージ
光計測機器への適用例機械可動部配線の利用イメージ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン