このページの本文へ

――牧瀬里穂さんはダイビングやワインのパートナーをお探し!?

マッチ・ドット・コム、友人や恋人を探すオンラインマッチングサービス“Match.com”を日本で正式サービス開始

2004年11月17日 19時44分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
17日に正式スタートしたオンラインマッチングサイト“Match.com”
17日に正式スタートしたオンラインマッチングサイト“Match.com”

英マッチ・ドット・コム(Match.com)社は17日、東京・南青山のイベントスペース“MODAPOLITICA(モーダポリティカ)”で記者説明会を開催し、パイロット(試験運用)版としてサービス提供してきたオンラインマッチングサービス“Match.com”を、本日より正式サービス開始すると発表した。月額3500円の有料サービス(3ヵ月/6ヵ月の割引制度あり)で、このほか登録ユーザーからメール受信が可能になる有料オプション“コンタクトミー”(3ヵ月で7500円)も用意される。



マッチ・ドット・コムのジョー・コーエン氏ら マイクロソフトのカレン・オルコット氏ら
マッチ・ドット・コムの最高執行責任者兼国際担当上級副社長のジョー・コーエン氏(左)とマッチ・ドット・コム インターナショナル社の日本代表カントリー・マネージメントディレクターの桑野克己氏マイクロソフトのMSNグローバル・ビジネスディベロップメント ディレクターのカレン・オルコット氏(左)とMSN事業部サービス部 部長の浅川秀治氏

説明会には、マッチ・ドット・コムの最高執行責任者兼国際担当上級副社長のジョー・コーエン(Joe Cohen)氏、現在日本法人を立ち上げ準備中(2005年設立予定)という英マッチ・ドット・コム インターナショナル社の日本代表カントリー・マネージメントディレクターの桑野克己(くわのかつみ)氏、Match.comのサービスを提供する窓口として、パイロット版から業務提携しているマイクロソフト(株)のMSNグローバル・ビジネスディベロップメント ディレクターのカレン・オルコット(Karen Olcott)氏、MSN事業部サービス部 部長の浅川秀治(あさかわしゅうじ)氏らが出席し、サービスの概要や特徴などを説明した。

米国におけるオンラインマッチングの市場規模 米国におけるオンラインマッチング市場の成長性
マッチ・ドット・コムが掲示した、米国におけるオンラインマッチングの市場規模。ほかの有料ウェブサービスと比較しても大きな市場になっていると説明(データソース:米comScore/Online Publishers Association)米国におけるオンラインマッチング市場の成長性
日本でのオンラインマッチング市場の成長予測 パイロット版を運営してきた中での、日本のユーザープロファイル
日本でのオンラインマッチング市場の成長予測パイロット版を運営してきた中での、日本のユーザープロファイル。90%が独身会員で、69%が30歳以上、84%は結婚歴がない、などと説明

Match.comは、自分の年齢や居住地、趣味などのプロフィールを登録し、友人や恋人といったパートナーを検索するオンラインマッチングサービス。海外では1995年にサービス開始しており、現在246ヵ国(18言語)で提供している。会員数は全世界で現在約1500万人(延べ4200万人)。売上高は全世界の合算で約200億円(2003年度)、償却前営業利益は約33億円を計上している。

Match.comで希望の相手を検索するところ リストアップされた相手にコンタクトする場面
Match.comにログインして希望の相手を検索するところリストアップされた相手にコンタクトする場面。最初のメールは、ランダムな数字の羅列によって作成された“ブラインドメール”を経由してメールをやり取りするため、直接相手にメールアドレス(Match.com上の連絡先)が知られる心配もないという

登録時にクレジットカードの会員情報の登録が必要で、18歳以上という年齢制限を設けている。また、登録するプロフィールの内容をスタッフが確認し、暴力や麻薬に関する記述の有無、写真の適正さなどを審査したうえで公開するなど、データ管理の徹底を図っているという。

これまでに行なわれてきたMSNとMatch.comの協業
これまでに行なわれてきたMSNとMatch.comの協業

米マイクロソフト(Microsoft)社の運営するポータルサイト“MSN”との協業は、米国で2001年にパートナーシップを締結し、2002年に世界23ヵ国でMSNを通じてサービスを提供。2003年にはインスタントメッセージングサービス“MSNメッセンジャー”にMatch.comのタブを追加するなど、協業を進めてきた。日本ではパイロット版のサービス提供時から、MSNの“恋愛結婚チャンネル”から利用できるほか、MSNメッセンジャーにもハートマークのタブでMatch.comへの導入を図っている。

MSNのほか、イー・アクセス(株)が提供する“AOL(エーオーエル)”、(株)ウォーカープラスが提供する“Walkerplus(ウォーカープラス)”、ソニーコミュニケーションネットワーク(株)の“So-net(ソネット)”、(株)ティーカップ・コミュニケーションの“teacup(ティーカップ)”といった各種ポータルサイトと提携、サービスを提供している。コーエン氏は、「日本のインターネット接続人口の多さを追い風に、2008年ごろまでに2億1000万ドル(220億5000万円)の市場規模に成長することを期待している」と話した。



オフィシャルファーストユーザーとして
女優・牧瀬里穂さんが登場!!

Match.comで趣味の合う相手を探す牧瀬さん 最近はまっているのはダイビングとヨガ
Match.comで趣味の合う相手を探す牧瀬さん最近はまっているのは、ダイビングとヨガ。さらに旅行やワインに詳しい人とも親しくなりたいと話した

会見での説明が終わった後、正式サービス開始を記念して、“オフィシャルファーストユーザー”に選ばれた女優の牧瀬里穂さんが壇上に呼ばれ、実際に“Match.com”を体験した。牧瀬さんは、もちろんこうしたマッチングサイトの利用については、「初めてです。どきどきわくわくしています」と緊張した面持ちで始めたものの、最近の趣味を聞かれると「ダイビングやヨガにはまっています。ダイビング歴は6年くらいですが、年に何回かしかいけなくて、友達とも『時間が合わなくてなかなか行けないね』と話しています」と近況を語った。MC(司会者)が「そうなると、一緒にダイビングに行けるお友達がほしいですね」と水を向け、趣味にダイビング/ヨガ、さらにワインという条件を組み合わせて検索すると、女性/男性など多数の候補が顔写真付きでリストアップされた。

フォトセッションに再登場した牧瀬さん この日は、スエードのブーツ(キャメル)に、ニットのブルゾンとスカートを白で合わせた衣装で登場した
フォトセッションに再登場した牧瀬さんこの日は、スエードのブーツ(キャメル)に、ニットのブルゾンとスカートを白で合わせた衣装で登場した

牧瀬さんは、「写真が出てくるのがいいですね。(相手の)イメージが沸いてきます。こんなにいっぱい候補が出てくると、失礼かもしれないけど、迷っちゃいます。趣味が同じ人だけでなく、これから始めてみたい(新しい)趣味を持つ友達も作っていきたいですね」と率直な使用感を述べた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン