このページの本文へ

AOpen製“GeForce 6600GT”カード登場!“SLI”ブリッジコネクタは――

2004年10月06日 23時25分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 現在人気商品となっているGeForce 6600 GTカード。これまでProlinkGainward、Sparkleから登場しているが、本日はAOpen製品が入荷した。製品名は「Aeolus PCX6600GT-DV128」。

「Aeolus PCX6600GT-DV128」 本体
AOpen製GeForce 6600 GTカード「Aeolus PCX6600GT-DV128」オリジナルデザインのクーラーを搭載。左上に見えるのが“SLI”用エッジ

 VRAMに128MBのGDDR3 SDRAMを搭載、コア/メモリクロックは500MHz/1GHz。インターフェイスはDVI、D-Sub15ピン、S-Video Out。DVI/D-Sub変換コネクタとS-Video/HDTVコンポーネント変換ケーブルが付属。ビデオ入力には対応していない。
 さて、今回の「Aeolus PCX6600GT-DV128」にも、PCI Express×16のエッジとは反対側に“SLI”用のエッジが設けられている。AOpenのウェブサイトでも“SLI”への対応を大きくうたっているのだが、肝心の“SLI”ブリッジコネクタがやはり同梱されていないのは寂しいところだ。「SpellForce」「ARX FATALIS」などゲームディスク3枚が同梱され、価格はTSUKUMO eX.で2万9799円。このほかOVERTOPにも入荷したが、完売(2万8980円)となっている。

S-Video/HDTVコンポーネント変換ケーブル ゲーム3枚
S-Video/HDTVコンポーネント変換ケーブルにより、HDTV出力にも対応「SpellForce」「ARX FATALIS」などゲームディスク3枚が付属
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ