このページの本文へ

玄人志向からAGP版“GrForce 6600GT”カードが!

2004年11月20日 22時39分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日紹介したGAINWARD製AGP版“GeForce 6600 GT”ビデオカードに続き、玄人志向からも同等の製品「GF66GT-A128H」が登場した。AGP版“GeForce 6600 GT”は、基板上に変換チップ“HSI”(AGP-PCI Expressブリッジ)を搭載することにより、PCI Express x16となっているインターフェイスをAGPにしたもの。

本体
玄人志向から登場したAGP版“GeForce 6600 GT”の「GF66GT-A128H」

 PCI Express x16版に比べてメモリクロックは1000MHzから900MHzにクロックダウンされている。コアクロックは500MHz。メモリにはDDR3を使用し、128MB搭載する。ヒートシンクやファンなどがカードに対して斜めに配置されている点も、先に紹介したGAINWARD製品と同じ。インターフェイスはDVI-I×1、D-Sub15ピン×1、S-Video Out×1となっており、TV出力はHDTV出力にも対応する。付属品はDVI/VGA変換コネクタ、コンポジット/S-Video変換コネクタ、S-Video/コンポーネントHDTV変換ケーブルなど。なお製造元はSparkle。価格は、アークで2万5280円、パソコンハウス東映で2万5380円、OVERTOPで2万5400円、TSUKUMO eX.で2万5980円。

インターフェイス 同梱物
インターフェイスはDVI-I×1、VGA×1、S-Video×1付属品はDVI/VGA変換コネクタ、コンポジット/S-Video変換コネクタ、S-Video/コンポーネントHDTV変換ケーブルなどが同梱される

 また、AOpenからもAGP版“GrForce 6600GT”カード「Aeolus 6600GT-DVI128AGP」が近日中に登場するようだ。同社のウェブサイトに記載がなく詳細は不明だが、ポップによるとコア/メモリクロック、メモリなどのスペックは玄人志向の製品と同様。インターフェイスはDVI-I×1、D-Sub15ピン×1、S-Video Out×1。現在、俺コンハウスでサンプル展示中。ショップの話では、23日(火)の正午過ぎまで展示をし、来週中には販売を開始する予定だという。価格は2万7000円~2万8000円の予定とのこと。

AOpen ヒートシンク
AOpenから発売される予定の「Aeolus 6600GT-DVI128AGP」ビデオカードの幅いっぱいまでヒートシンクで覆われている
スペック インターフェイス
基本的はスペックは玄人志向の製品と変らないインターフェイスはDVI-I×1、VGA×1、S-Video×1
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ