このページの本文へ

最高速DDR600(PC4800)対応をうたうDDR SDRAMがA-DATAから!

2004年09月10日 22時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DDR SDRAMとしては最高速となるDDR600(PC4800)対応をうたう製品「Vitesta DDR600」がA-DATAから登場した。ブリスターパッケージに収められたモジュールには真っ赤なヒートスプレッダを装着している。

「Vitesta DDR600」 メモリ
DDR SDRAMとしては最高速となるDDR600(PC4800)対応をうたう製品「Vitesta DDR600」今回登場したのは容量512MBと256MBの2モデル。どちらもヒートスプレッダを装着しているために採用チップは不明

 今まで、最速のDDR SDRAMとして販売されていたのは、やはり同社の製品でDDR566(PC4500)をうたうものだった。今回登場したのは容量512MBと256MBの2モデル。どちらもヒートスプレッダを装着しているために採用チップは不明だが、販売ショップのひとつOVERTOPのポップには「SAMSUNG選別チップ採用」と記載されている。価格は以下の通り。オーバークロッカーにとっては注目の製品だ。

価格表
OVERTOPのA-DATA製オーバークロックメモリの価格表
価格 ショップ
A-DATA
「Vitesta DDR600」(512MB)
\18,980 ドスパラ本店
\19,980 OVERTOP
\19,980 ドスパラ秋葉原2号店 Prime館
\23,480 アーク
A-DATA
「Vitesta DDR600」(256MB)
\9,980 ドスパラ本店
\9,980 ドスパラ秋葉原2号店 Prime館
\9,990 OVERTOP
\12,380 アーク
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ