このページの本文へ

【ニュース】「パパもママも楽しめる!」――三津谷葉子、イケメンたちとの共演!!

2004年09月08日 00時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
登場したのはギャレン役の天野浩成さんほか、グレイブ役の黒田勇樹さん、ランス役の杉浦太雄さん、そしてラルク役の三津谷葉子さんの4人

9月11日に堂々の封切りとなる映画『仮面ライダーブレイド MISSING ACE』のプロモーションを兼ねた公開記念スペシャルトークライブが8日、東京・渋谷のHMV渋谷店で行なわれた。

9月11日に堂々の封切りとなる映画『仮面ライダーブレイド MISSING ACE』のプロモーションを兼ねた公開記念スペシャルトークライブが8日、東京・渋谷のHMV渋谷店で行なわれた。登場したのはギャレン役の天野浩成さんほか、グレイブ役の黒田勇樹さん、ランス役の杉浦太雄さん、そしてラルク役の三津谷葉子さんの4人。

映画で舞台となるのは、仮面ライダーブレイドの主人公・剣崎(椿隆之)たちが53体のアンデットを封印して平和な世界を取り戻してから4年後。突如として蘇ったアンデットが再び剣崎を襲うが、未知のライダーたちがそれを救ってくれた。なぜアンデットは蘇ったのか? 謎のライダーたちの正体は? そしてブレイドの復活はあるのか…?



ブレイドとアンデットによる派手なアクションパフォーマンス
ブレイドとアンデットによる派手なアクションパフォーマンス

トークライブの開始前には、ブレイドとアンデットによる派手なアクションパフォーマンスも行われ、会場に集まったファンたちの熱気も上昇。そんな中に先述の4人が登場したものだから、大きな歓声がいつまでもこだましていた。

NGシーンなど裏話も飛び出した2005年のカレンダーのプレゼント抽選も開催

劇場版の仮面ライダーに抜擢された葉子さんは、「女性として“イケメン”と呼ばれる人たちと共演するということで、仲間外れにされると思って緊張していたのですが…。みんないい人たちでよかった(笑)」と発言し、会場でも大きな笑いが起こった。本格的なアクションは初だが、「ほかの2人(黒田、杉浦)は走るのが速くて、私のせいで6回くらいNGを食らっちゃいました」と舞台裏を披露。すかさず「でも、そのシーンはカットされていたね」(杉浦)とうい突っ込みを食らい、ここでも会場は大爆笑。こんな調子で終始楽しいトークが繰り広げられた。

「女性として“イケメン”と呼ばれる人たちと共演するということで、仲間外れにされると思って緊張していたのですが…。みんないい人たちでよかった(笑)」

イベント途中では2005年のカレンダーのプレゼント抽選会、そして天野浩成さんによる歌の披露なども行われ、最後は葉子さんが「新ライダーは劇場でしか見られないので、ぜひ来てもらいたいです。私は変身するシーンがオススメですよ」と締めくくってくれた。

天野浩成さんによる歌の披露天野浩成さんによる歌の披露

なお、このトークの前には渋谷センター街にブレイドが登場するといったサービスイベントも実施。センター街の中ということで、大きな賑わいを見せていた。 同時公開される『特捜戦隊デカレンジャー フルブラスト・アクション』については、すでに6日に東京・HMV新宿にて同様のイベントが実施されている

【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ