このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

バイオノート505 EXTREME PCG-X505/P

バイオノート505 EXTREME PCG-X505/P

2004年05月19日 02時17分更新

文● 月刊アスキー編集部・小西

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バイオノート505 EXTREME PCG-X505/P

ソニー

オープンプライス

ソニーの物作りのプライドが
生んだ超薄ノート

Sony Flash on ASCII
ソニー製品の購入情報はこちらでご覧いただけます。ロゴをクリックすると“Sony Flash on ASCII”に移動します。

 「世界最薄・最軽量」、それは世界最先端の高密度実装技術を持つメーカーの製品だけが名乗れる称号である。日本の家電メーカーは、AV機器の分野でこの称号を巡って、熾烈な開発競争を繰り広げてきた。

 そして今、「世界最薄・最軽量のWindows XP搭載ノートPC」の名をひっさげて、バイオノート505シリーズの最新作が登場した。それがこの「バイオノート505 EXTREME、PCG-X505/P」(以下X505)である。



バイオノート505 EXTREME、PCG-X505/P
その薄さを表現するための写真を掲載してみた。ヒンジのバッテリ部分以外は、どこも1cmにも満たないまさに極薄。閉じた状態ではデザインも相まって、パソコンに見えない。

 上に掲載した写真を見てのとおり、「驚くほど薄い」という言葉を使うのが陳腐に感じられるほどの薄さである。本体側の先端はなんと5mmに満たない。パネルを閉じても最薄部で9.7mm、円柱状のバッテリを収めた最厚部でさえ21mmしかない。重量はなんとわずか825g。実際にボディを手に取ってみると、薄さと軽さに思わず笑みがこぼれてしまうほどだ。

究極のモバイルノートPCG-X505/P
写真1 XGA液晶、1GHzのCPUを搭載しながら、重量825g。高密度実装技術が生んだ究極のモバイルノート。

 あまりにボディが薄いために、X505ではキーボードパネルの下には基板を入れるスペースがない。そのためキーボードとヒンジの間の狭い空間に、マザーボードと1.8インチHDD、TypeIIPCカードスロットのすべてが収められている。CPUやチップセットを載せたマザーボード部分は、MDディスク1枚分程度の面積しかない。MDウォークマンやハンディカムで培われた高密度実装技術が、驚異的な薄さを実現しているわけだ。



ロゴ以外の飾りはないフラットなパネル
写真2 0.8mm厚のカーボン繊維層を20μmのニッケル層で挟んだパネル。ロゴ以外の飾りはない、フラットなデザインが実に美しく、ノートPCには見えない。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン