このページの本文へ

バイオP PCV-P101

バイオP PCV-P101

2004年05月13日 07時13分更新

文● 月刊アスキー編集部・小西

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バイオP PCV-P101

ソニー

オープンプライス(実売価格:18万円前後)

前面
写真1 全モデルに採用されたDVD-RWドライブ(DVD-RW書き込み 等速/DVD-R書き込み 2倍速)に加えて、RZ70PのみDVD-ROMドライブも搭載されている。
SONY Flash on ASCII
本製品はこちらから購入いただけます。画像をクリックすると“SONY Flash on ASCII”に移動します。
バイオV PCV-V10/W
PC+TV+DVDレコーダで低価格個室サイズの新液晶デスクトップ 「バイオV PCV-V10/W」レビュー。写真をクリックすると当該レビュー記事に移動します。

 ソニーの新液晶一体型PC「バイオP」は、「室内で移動でき、邪魔なときにはしまえる」ノートPCの利点と、液晶デスクトップPCの大画面を両立させたPCだ。

 下写真にもあるように、未使用時にはキーボードパネルを跳ね上げてコンパクトにでき、ちょっとした隙間があれば簡単にしまえる。上部の取っ手のおかげで運びやすいし、本体裏側には付属マウスの収納用「マウスポケット」や、ACアダプタの固定用ホルダー(取り外し可能)があるので、一式をまとめて片手で持ち運べるよう工夫がこらされている。ノートPC用のバッテリを内蔵するので、動作中に室内で移動させることもできる。ただしあくまでデスクトップPCなので、バッテリ駆動時間は30分~1時間程度。持ち歩いて使うものではない。



キーボードパネルをパネル側に畳む
写真2 キーボードパネルをパネル側に畳むと、ホワイトの美しいパネルが現われる。一見するとパソコンには見えないデザインはよい。

 液晶パネルは17型ワイド液晶を搭載し、バイオWよりも広々。流行のツルツル液晶で、TVやDVDもきれいに再生できる。TV表示/録画機能も標準で備える。

 搭載CPUはMobile Celeron-1.06GHzなので、今時のPCとしては少々低スペックなのは残念だ。内蔵する光ドライブもDVD/CD-RWコンボドライブで、DVD作成はできない。また「室内で移動できる」をコンセプトとしているわりには、付属マウスが有線のUSB接続だったり、ワイヤレスLAN機能もないのはもったいない。ワイヤレス主体でケーブルはACアダプタとTVだけくらい徹底すれば、よりコンセプトに合った製品になるのではないだろうか。

 ワイド液晶搭載PCとしては価格が安いのは魅力的だ。



インターフェイスは背面に集中
写真3 インターフェイスは背面に集中。その下側にはノートPC用バッテリを搭載。長時間駆動は無理だが、持ち運び時くらいは電源オフの必要がない。
PCV-P101の主なスペック
製品名 PCV-P101
CPU Mobile Celeron-1.06GHz
チップセット Intel 830ファミリー
メモリ(最大) 256MB(最大512MB)
グラフィックス チップセット内蔵
HDD 40GB
光メディアドライブ CD-R/RW&DVD-ROM(CD-R24倍速/CD-RW10倍速/CD24倍速/DVD8倍速)
スロット PCカード(TypeII×2/TypeIII×1、CardBus対応)、メモリースティック(PRO対応)×1
通信 10/100BASE-TX、56kbpsモデム
I/O USB 2.0×4、IEEE 1394×1、ビデオ入力(S-VIDEO×1、コンポジット×1)、オーディオ入出力
サイズ(W×D×H) 476×184×389mm(直立時)
476×369×376mm(最大傾斜時)
重量 約7.5kg(バッテリ非装着時)
約7.8kg(バッテリ装着時)
OS Windows XP Home Edition

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン