このページの本文へ

アップルコンピュータ、“PowerBook G4”にPowerPC G4-1.5GHz搭載モデルを追加――IEEE 802.11g無線LAN“AirMac Extreme”を標準搭載

2004年04月19日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルコンピュータ(株)は19日、ノートパソコン“PowerBook G4(パワーブックジーフォー)”の新製品として、12インチ液晶ディスプレーを搭載した2モデル、15インチ2モデル、17インチ1モデルの計3機種5モデルを発売すると発表した。全モデルにIEEE802.11g準拠の無線LAN機能“AirMac Extreme”とBluetooth機能を標準装備しているのが特徴。ラインアップは、『12インチPowerBook コンボドライブモデル』、『12インチPowerBook SuperDriveモデル』、『15インチPowerBook コンボドライブモデル』、『15インチPowerBook SuperDriveモデル』、『17インチPowerBook G4』。12インチモデルは20日、15インチモデルは22日、17インチモデルは4月末に出荷開始の予定。

同社のオンラインストア“Apple Store(アップルストア)”、直営店“Apple Store, Ginza”、同社製品取扱店で販売する。オンライストアでの販売価格は、12インチ/コンボモデルが18万8790円、12インチ/SuperDriveモデルが20万9790円、15インチ/コンボモデルが23万790円、15インチ/SuperDriveモデルが29万3790円、17インチモデルが31万4800円。

PowerBookファミリー
左から“12インチPowerBook”、“15インチPowerBook”、“17インチPowerBook”

『12インチPowerBook コンボドライブモデル』(M9183J/A)は、PowerPC G4-1.5G/33GHz、コンボドライブ(CD-R/RW&DVD-ROMドライブ、(24倍速CD-R書き込み/16倍速CD-RW書き換え/24倍速CD-ROM読み出し/8倍速DVD-ROM読み出し)、256MBのメモリー(PC2700準拠DDR SDRAM)、60GBのHDD(Ultra ATA/100)、米エヌビディア社のGeForce FX Go5200グラフィックスチップ(64MB DDR SDRAM)、12.1インチ液晶ディスプレー(1024×768ドット約1670万色表示)を搭載したモデル。インターフェースは、USB 2.0×2、FireWire 400(IEEE 1394a)、10/100BASE-TX、DVI(Mini-DVI)、V.92対応56kbpsモデムを装備する。マイクのほか、ステレオ(L/R)とミッドレンジの計3個のスピーカーを内蔵する。ポインティングデバイスは“トラックパッド”を採用。電源はリチウムイオンバッテリーで、最長5時間の駆動が可能(同社調べ)。ACアダプターも同梱される。本体はアルミニウム製で、本体サイズは幅272×奥行き219×高さ30mm、重量は2.09kg。OSはMac OS X 10.3“Panther”をプレインストールし、アプリケーションとして、ウェブブラウザー『Safari』、インターネット検索/サービスツール『Sherlock』、音楽/写真/ムービー制作/DVD作成の統合ソフト『iLife '04』(iTunes、iPhoto、iMovie、iDVD、GarageBand)ほかが付属する。『12インチPowerBook SuperDriveモデル』(M9184J/A)は、光ドライブを“SuperDrive”(4倍速DVD-R書き込み/16倍速CD-R書き込み/8倍速CD-RW書き換え/8倍速DVD-ROM読み出し/24倍速CD-ROM読み出し)に変更したモデル。

15インチモデル
“15インチPowerBook”

『15インチPowerBook コンボドライブモデル』(M9421J/A)は、15.2インチワイド液晶ディスプレー(1280×854ドット約1670万色表示)、カナダのATIテクノロジーズ社のMOBILITY RADEON 9700(64MB DDR SDRAM、B.T.O.で128MBに拡張可能)、PowerPC G4-1.33GHz、256MBのメモリー、60GBのHDD、コンボドライブを搭載したモデル。インターフェースは10/100/1000BASE-T(Gigabit Ethernet)、FireWire 800(IEEE 1394b)、FireWire 400(IEEE 1394a)、USB 2.0×2、V.92対応56kbpsモデム、DVIを装備する。拡張スロットはCardBus対応のPCカード用(Type I/II)を搭載する。本体サイズは幅348×奥行き241×高さ28mm、重量は2.59kg。電源はリチウムイオンバッテリーで、最長4.5時間の駆動が可能。OSや付属するアプリケーションは12インチモデルと同じ。

『15インチPowerBook SuperDriveモデル』(M9422J/A)は、プロセッサーをPowerPC G4-1.5GHzに、光ドライブをSuperDriveに変更するとともに、メモリーを512MB(PC2700準拠DDR SDRAM、256MB×2)、HDDを80GB(Ultra ATA/100)に増やし、PCカードスロット(Type I/II×1、CardBus対応)を追加したモデル。キーボードも環境光センサーで自動点灯するバックライト付きを採用している。そのほかの基本仕様やOS、付属するアプリケーションはコンボモデルと同じ。

『17インチPowerBook G4』(M9462J/A)は、17インチワイド液晶ディスプレー(1440×900ドット約1670万色表示)、PowerPC G4-1.5GHz、MOBILITY RADEON 9700(64MB DDR SDRAM、B.T.O.で128MBに拡張可能)、512MBのメモリー(PC2700準拠DDR SDRAM、512MB×1)、80GBのHDD、SuperDriveを搭載する最上位モデル。インターフェースは15インチSuperDriveモデルと同じ。電源はリチウムイオンバッテリーを内蔵し、最長4.5時間の駆動が可能。本体サイズは幅392×奥行き259×高さ26mm、重量は3.13kg。バックライトキーボードを搭載し、スピーカーはステレオのみとなる。プレインストールOSや付属するアプリケーションは15インチSuperDriveモデルと同じ。

B.T.O.オプションとして、メモリーの追加(12インチモデルは1.25GBまで、15/17インチモデルは2GBまで)や、バックライトキーボード(15インチモデル)、SuperDrive、80GBのHDDなどを用意する。

“iBook G4”にも新モデル

同社は併せて、“iBook G4(アイブックジーフォー)”の新製品も発表した。ラインアップは、PowerPC G4-1.0GHzを搭載した『iBook G4 12インチモデル』(M9426J/A)と『iBook G4 14インチモデル』(M9418J/A)、PowerPC G4-1.2GHzを搭載した『iBook G4 14インチモデル』(M9419J/A)の計3モデル。20日に出荷を開始する。オンライストアでの販売価格は、M9426J/Aが12万5790円、M9418J/Aが14万6790円、M9419J/Aが16万7790円。

iBook G4 12インチモデル
“iBook G4 12インチモデル”

『iBook G4 12インチモデル』は、PowerPC G4-1.0GHz、256MBのメモリー(PC2100準拠DDR SDRAM)、MOBILITY RADEON 9200グラフィックスチップ(32MB DDR SDRAM)、12.1インチ液晶ディスプレー(1024×768ドット約1670万色表示)、30GBのHDD(Ultra ATA/100)、コンボドライブ(スロットローディング方式、24倍速CD-R書き込み/16倍速CD-RW書き換え/24倍速CD-ROM読み出し/8倍速DVD-ROM読み出し)を内蔵する。インターフェースは、USB 2.0×2、FireWire 400(IEEE 1394)、アナログRGB出力、ビデオ出力(S-Video/コンポジットビデオ)、V.92対応の56kbpsモデム、10/100BASE-TX。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、最長6時間の駆動が可能。本体サイズは幅285×奥行き230×高さ34mmで、重量は2.23kg。OSにはMac OS X 10.3 “Panther”をプレインストールし、アプリケーションとして、『iLife '04』『Sherlock』などのほか、ワープロ/表計算/ドロー/ペイント/データベース/プレゼンテーションの統合ソフト『AppleWorks』が付属する。

『iBook G4 14インチモデル』(M9418J/A)は、PowerPC G4-1.0GHz、256MBのメモリー、MOBILITY RADEON 9200グラフィックスチップ(32MB DDR SDRAM)、14.1インチ液晶ディスプレー(1024×768ドット約1670万色表示)、40GBのHDD、コンボドライブ(スロットローディング方式)を内蔵する。インターフェースは、12インチモデルと同等。電源はリチウムイオンバッテリーを内蔵し、最長6時間の駆動が可能。本体サイズは幅323×奥行き259×高さ34mmで、重量は2.7kg。OSや付属するアプリケーションは12インチモデルと同じ。

『iBook G4 14インチモデル』(M9419J/A)は、プロセッサーをPowerPC G4-1.2GHzに、HDDを60GBに変更し、“AirMac Extreme”を搭載した最上位モデル。そのほかの基本仕様やOS、付属するアプリケーションは、M9418J/Aと同じ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン