このページの本文へ

日本HP、ビジネス向けノートパソコン“HP Compaq Business Notebook” に“nx9100”と“ nx5000”の2シリーズを追加

2004年04月12日 17時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)は12日、ビジネス向けノートパソコン“HP Compaq Business Notebook nxシリーズ”の新製品として、据え置きでの利用を想定した“HP Compaq Business Notebook nx9100シリーズ”5モデルと、オフィス内での移動を想定した“HP Compaq Business Notebook nx5000シリーズ”2モデルの計2機種7モデルを発表した。同日付けで日本HP販売代理店経由で販売を開始する。希望小売り価格は、nx9100シリーズが12万9800円(税込み13万6290円)から、nx5000シリーズが13万9800円(税込み14万6790円)から。

nx9100
“HP Compaq Business Notebook nx9100シリーズ”

“HP Compaq Business Notebook nx9100シリーズ”は、チップセットにグラフィックス機能を統合したカナダATIテクノロジーズ社のMOBILITY RADEON 9000 IGP(グラフィックスメモリーはメインメモリーと共用)を採用し、CPUにCeleron-2.80GHzまたはPentium 4-2.80GHz/3.20GHz、メモリーにPC2700準拠のDDR SDRAMを256MB/512MB、HDDにUltra ATA/100の30GB(毎分4200回転、S.M.A.R.T.対応)または60B(毎分5200回転、S.M.A.R.T.対応)、24倍速CD-ROMドライブまたはCD-R/RW&DVD-ROMコンボドライブ(CD-R書き込み24倍速/CD-RW書き換え10倍速/DVD-ROM読み出し8倍速/CD-ROM読み出し24倍速)、3モード対応FDDを搭載したのが特徴。ディスプレーは14.1インチXGA(1024×768ドット1677万色)または15.4インチWXGA(1280×800ドット1677万色)を搭載する。

インターフェースは、USB 2.0×3、10/100BASE-TX、Sビデオ出力、V.92対応56kbpsFAXモデム、赤外線通信(Fast IrDA)、パラレル、マイク、アナログRGBのほか、将来の拡張用という拡張コネクターを搭載する。カードスロットはPCカード(Type I/II×2、CardBus)に対応。ステレオスピーカー(JBL Pro)を内蔵する。IEEE 802.11a/b/g無線LANを標準搭載したモデルも用意する。電源はリチウムイオンバッテリー(8セル/12セル)またはACアダプター(AC90V~264V、重量約500g)を利用し、バッテリー駆動時間は約3.5時間(JEITA測定法1.0)。消費電力は最大約90W。ACPI互換のパワーマネージメントもサポート。

本体サイズは幅362×奥行き278~284×高さ46mm、重量は約3.56~3.81kg(ディスプレー/バッテリーの種類で異なる)。キーボードは91キー(JIS/OADG準拠、ピック19.05mm、ストローク2.5mm、キートップの印字は3色)で、ポインティングデバイスにはタッチパッド(スクロール機能、オン/オフボタン付き)を採用する。セキュリティー機能は、メモリーチェンジアラート、パワーオンパスワード、セットアップパスワード、ドライブロック、ケーブルロックなどに対応し、Wake-on-LAN、PXE 2.0リモートブートをサポートする。OSはWindows XP Professionalを搭載している。

ラインアップは、Celeron-2.80GHz/256MBのメモリー/30GBのHDD/24倍速CD-ROMドライブ/14.1インチ液晶ディスプレー/8セルバッテリーを搭載した『C2.8/14X/256/30/D/XP』、光ドライブをCD-R/RW&コンボドライブに変更した『C2.8/14X/256/30/W/XP』、Pentium 4-2.80GHz/24倍速CD-ROMドライブに変更した『P2.8/14X/256/30/D/XP』、CD-R/RW&DVD-ROMコンボドライブに変更した『P2.8/14X/256/30/W/XP』、最上位モデルとなるHTテクノロジPentium 4-3.20GHz/512MBのメモリー/60GBのHDD/無線LAN機能/15.4インチ液晶ディスプレー/12セルバッテリーを搭載した『P3.2/15WX/512/60/W/WL/XP』。希望小売価格は順に、12万9800円、14万9800円、14万9880円、16万9800円、19万9800円。

nx5000
“HP Compaq Business Notebook nx5000シリーズ”

“HP Compaq Business Notebook nx5000シリーズ”は、グラフィックス機能を統合したインテル855GMチップセットを搭載し、メモリーは256MB(PC2700準拠DDR SDRAM、グラフィックスメモリーと共用)、HDDは30GB(Ultra ATA/100、毎分4200回転)を内蔵する。ラインアップとしてCPUと液晶ディスプレーがCeleron M-1.20GHzと14.1インチXGAの『CM1.2/14X/256/30/F/D/XP』、Pentium M-1.50GHzと15インチXGAの『PM1.5/15X/256/30/F/D/XP』の2モデルを用意する。

本体サイズは幅326×奥行き275×高さ37mm、重量は14.1インチ液晶ディスプレー搭載モデルが約2.51kg、15インチ液晶ディスプレー搭載モデルが約2.61kg。拡張用のマルチベイを1つ装備しており、24倍速CD-ROMドライブ、3.5インチFDD(3モード)のいずれか、またはオプションのセカンドバッテリーを内蔵できる。電源はリチウムイオンバッテリー(6セル)またはACアダプターで、バッテリー駆動時間は約3.5時間(JEITA測定法1.0)。消費電力は最大約65W。カードスロットは、PCカードスロット(Type I/II×2またはType III×1、CardBus対応)、SDカードスロット(MMCには非対応)。

インターフェースは、USB 2.0×2、IEEE 1394、10/100BASE-TX、Sビデオ出力、シリアル、パラレル、アナログRGB、赤外線通信(Fast IrDA)、V.92対応56kbpsFAXモデム、拡張コネクターなどを搭載する。キーボードは89キー(JIS/OADG準拠、ピック19.05mm、ストローク2.5mm)で、ポインティングデバイスにはタッチパッドを採用し、nx9100シリーズと同様のセキュリティー機能やマネージメント機能を搭載している。価格は、Celeron M搭載モデルが13万9800円、Pentium M搭載モデルが15万9800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン