このページの本文へ

なかなかカッコいい!皮製カバー付きベアボーンPC!

2004年03月31日 22時57分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
茶色の皮製ケース 3種類
なかなかカッコイイ茶色の皮製カバーに入ったPentium 4ベアボーンベアボーンに皮製カバーを採用するというのはユニークだ

 昨年発売されたFleetechのコンパクトなPentium 4ベアボーンPC「F-Force」に、皮製カバー付きモデル「MP-162GTV」が登場した。アルミ製の筐体をすっぽり収めるこのケースは、光学ドライブ用のオープンベイやフロントアクセスポートの部分に切り込みを入れるなど、なかなかの出来映え。しかも価格は据え置きだ。



底面 背面
底面には滑り止めもカバーは背面でボタン止めする
F-Force 黒の皮製ケース
現在は2万9800円とかなり下がっているうえ、OSを起動しなくてもDVDをはじめ音楽CD/MP3などが再生可能な“etBIOS”を搭載するこちらは黒の皮製カバー。メーカーによると、どちらも限定50セットとのこと

 「F-Force」は昨年5月に発売された“i845GV”搭載のPentium 4ベアボーンPCだ。豊富なオンボードインターフェイスを装備する本体は、アルミ製の筐体に収められているなど、なかなかにスタイリッシュな印象を与える製品だった。発売当時こそ約5万円だった販売価格も、現在は2万9800円とかなり下がっている。しかも現在のモデルには、OSを起動しなくてもDVDをはじめ音楽CD/MP3などが再生可能な“etBIOS”を搭載するマザーボード「P8F162GVT」を採用している。
 今回の皮製カバーモデルは、茶色と黒がそれぞれ限定50セットずつとなる。ただし、このカバーに入れるには筐体に標準で付けられている黒いプラスチック製のガードを取り外す必要がある。なお皮製カバーに入った状態での保証は受けられないとのこと。確かに排熱ということを考えるとあまりよくないと思われるので、高クロックCPUでの使用を考えているユーザーは注意したほうがよいだろう。販売しているのは高速電脳だ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ