このページの本文へ

BEFSR41C-JP

BEFSR41C-JP

2004年01月30日 00時00分更新

文● 那須 涼介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

BEFSR41C-JP

リンクシス・ジャパン

オープンプライス
(Web直販価格:5900円)

『GOOD』
  • タバコ箱をふた回り大きくした程度の小型ボディ。
  • 6000円弱の実売価格で90Mbpsのスループット。
  • ダイナミックDNSサービス対応もうれしい。
『BAD』
  • ファイアウォール機能をオンにすると若干不安定な動作を見せる。
  • 細かな設定のたびにルータの再起動を必要とするのは、かなり厄介。
とっても小さなボディ
●【とっても小さなボディ】 写真ではわかりにくいかもしれないが、手のひらにのる、本当に小さな本体筐体。設置スペースにはまったく苦労しないだろう。

 日常的な周辺機器となってきたブロードバンドルータ。今やFTTH対応クラスの高速スループットは当たり前で、さらに付加機能や価格などの要素が重要になっている。

 その意味で「BEFSR41C-JP」は極めてわかりやすい製品だ。実売6000円弱とルータとしては最安価格帯でありながら、タバコ箱大の小型筐体で、約90Mbpsのスループットを持つというのだから機能的に文句なし。編集部のBフレッツ ベーシックの回線に繋いだ場合でも、60Mbps前後の速度が出ていたので十分なレベルだろう。

ダイナミックDNSサービスに対応
●【ダイナミックDNSサービスに対応】 DynDNS.org、TZO.comのサービスに対応し、自動でIPアドレスを更新してくれる。自宅サービスをオリジナルのドメイン名で公開したい人に便利だ。

 設定画面は従来機の「BEFSR41」をほぼ受け継いだもの。問題があるとすれば、フィルタリングやフォワーディングの設定をするたびに、ルータの再起動が行われる点。これは、ファームアップ時に対応してくれることを期待したい。

BEFSR41C-JPの主なスペック
WAN側インターフェイス 10BASE-T/100BASE-TX×1
LAN側インターフェイス 10BASE-T/100BASE-TX×4
サイズ 113(W)×88(D)×30(H)mm
重量 約170g

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン